シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPオーチャードのERP10月3日より変更

経済

2005年9月28日

オーチャードのERP10月3日より変更

陸運局(LTA)は10月3日より、オーチャードの自動課金システム(ERP)を変更する。
ハンディ・ロード付近とYMCA付近の2箇所に課金ゲートを新たに設置し、オーチャード・ロードから出る車両を課金する仕組みで、車両規制地区から出る車が課金されるのは国内初となる。
これに伴い、現在一方通行で3車線のフォート・カニング・ロードが両面交通道路になることが決定し、近隣施設利用者からは渋滞が悪化するとして懸念の声が出ている。
LTAはこの他、オーチャード・ロードからペナン・ロード(プラザ・シンガプーラを通過した後)へ抜ける迂回路を設け、クレメンソー・アベニューからリバー・バレー・ロードに抜ける車両を課金することにする。
LTAは現在建設中のスタンフォード・ロードとペナン・ロードを結ぶ350メートルのトンネルが来年末に完成すれば、フォート・カニング・ロードの交通量は減少するものと見ている。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPオーチャードのERP10月3日より変更