シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP犯罪発生件数が増加、2009年以来で初めて ネット詐欺が大幅増

社会

2015年1月30日

犯罪発生件数が増加、2009年以来で初めて ネット詐欺が大幅増

警察が1月29日に発表した統計によると、2014年の犯罪件数は3万2,196件で2013年の2万9,984件から7.4%増えた。犯罪件数が増加するのは2009年以来初めて。

 

中でもオンラインショッピングの利用者の増加に伴うネット詐欺の増加がめだち、2013年の510件から昨年は3倍以上の1,659件となった。インターネットを通じて購入した際に、法外な支払いをした被害件数は904件で2013年の236件から大幅に増えている。インターネットの出会い系サイトなどで知り合った相手を騙し、恋人になったかのように振る舞って金銭を送金させる恋愛詐欺は、昨年197件で前年の81件から急増。被害額も580万Sドル(約5億円)から880万Sドル(約7億6,000万円)へと増えた。

 

また、新しい手口としてギフトカードなどを買わせる詐欺事件が149件あり、13万8,700Sドル(約1,200万円)の被害があった。

 

経済犯罪も5,615件発生し、前年から42.3%増加。一方、高利貸しに関する事件は85件から80件に減少した。

 

青少年の犯罪が昨年は前年2.1%より増え、3,094人が逮捕された。子どもに対する性行為、法定強姦は66件で2013年の51件より増加。警察によると、加害者の多くは、被害者の知り合いだという。

 

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP犯罪発生件数が増加、2009年以来で初めて ネット詐欺が大幅増