シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP2015年の干支はヤギかヒツジか正しいのはどちら?

文化

2015年1月26日

2015年の干支はヤギかヒツジか正しいのはどちら?

中国正月を控え、チャイナタウンでは2015年の干支のオブジェが盛大に飾られている。シンガポールでは2015年の干支は一般に「The Year of the Goat」と呼ばれるので、ヤギのオブジェが登場しているのだが、ヒツジも見られる。はたして、ヤギ年なのかヒツジ年なのか?どちらが正しいのだろうか。

 

シンガポール国立大学中国研究科のリー・チュックイン准教授は、「中国語ではyangと書くので、干支はshanyang(マウンテン・ゴート)、mianyang(ヒツジ)、lingyang(ガゼル)でも正しいといえます」と述べる。結論から言うと、古代中国ではヒツジやガゼルは一般に見られる動物ではなかったので、ヤギとして広まったようである。

 

占い師のトーマス・T氏は、「伝統的な見地から言うと、The Year of the Sheep やthe Ramというのは正しくない。干支はマウンテン・ゴート、ヤギであるべき」と話す。別の占い師のケビン・フォン氏もヤギであるべきと語る。「西洋文化が浸透する中で、ヤギもより愛らしいヒツジがもてはやされるようになったのだろう」と推測する。

 

チャイナタウンの中国正月用のおもちゃ販売店の店員は「お客さんにはヤギよりも、ヒツジのおもちゃが人気です。だって、かわいらしいでしょ?」と話す。ヤギよりもヒツジの方を多く仕入れているそうだ。

 

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP2015年の干支はヤギかヒツジか正しいのはどちら?