シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP英字紙創刊170周年展示会、リー首相が訓示

2015年7月16日

英字紙創刊170周年展示会、リー首相が訓示

マリーナ・ベイ・サンズ(MBS)のアートサイエンス・ミュジアムで7月15日、日刊紙で最大発行部数のストレーツ・タイムズ紙の創刊170周年を記念した展示会の開幕式が行われた。来賓のリー・シェンロン首相は「同紙はニュースを事実に基づきシンガポール人の目で伝え、国民が世界、その中に位置するシンガポールを理解するのを手助けした」とこれまでの報道姿勢を評価した。

 

同紙はニューヨーク・タイムズや英デイリー・テレグラフより歴史がある。展示会は「シンガポール・ストーリーズ」で、シンガポールの年代記となる記事を展示している。会期は10月4日までで、入場は無料。展示は午前10時~午後7時。

 

リー首相は挨拶で「ストレーツ・タイムズの皆さんは単に観察し、報道する存在ではない。何をどう報道するかも国民の意見や事態の進展に影響を及ぼす」と、信頼できる、バランスのとれた、事実に基づく報道の継続を求めた。

 

さらに「人の関心を呼ぶスキャンダルのページや興趣をそそるニュースもあるだろうが、シンガポールの利益を長期的視野から考慮し、バランスのとれた報道をお願いしたい。ストレーツ・タイムズは個人や企業の利益ではなく、国益を最優先しなければならない」と強調した。

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP英字紙創刊170周年展示会、リー首相が訓示