シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXライフTOP粗塩のスクラブと伝統の指圧マッサージ

美容・健康

2008年12月15日

粗塩のスクラブと伝統の指圧マッサージ

p01 (29)

フットワークス」の良さは、伝統的な指圧やオイルマッサージの技術もさることながら、清潔な雰囲気と、行き届いたサービスにある。ロビーで履き替えるスリッパはディスポーザブル。座り心地の良いゆったりとしたチェアは、同店オリジナルのカスタムメイドだ。壁に備え付けられたスクリーンのビデオやニュースを聞きたければヘッドフォンを付けて――。隣の席との間にはパーティションがあり、マイ・ワールドにこもりたい人はそのままに。パートナーとおしゃべりしたければパーティションをたたむこともできる。
さて「フットワークス」には基本のフット・リフレクソロジーに加えてフットバスやスクラブ、ボディー・マッサージなどきめ細かいサービスがある。特におすすめなのが、デッド・シー・ソルト・フット&スクラブだ。イスラエルから直輸入されるアップル&ペア・フレーバーの粗塩で、足裏のスクラブに使用される。このトリートメントのあとにハーブ入りぬるま湯に足を漬けておくと、いつのまにか皮膚が「蘇生」したかのようにツルツルになった。
そしていよいよ本格的なフットマッサージ。トレーニング・マテリアルと呼ばれる足のツボの図解を眺めると、それぞれのツボが身体のどの部分の健康状態をあらわしているかがわかる。
指圧の程度は強、中、弱から選べる。ツボによっては強く押されても心地よいくらいだが、中にはかなりの痛みを感じるツボもある。しばらくしてマッサージ師が、「お腹の調子がよくないですね」と指摘したのには驚いた。記者は前夜の飲み会で暴飲暴食ぎみ。いつもは頑強な胃が少し弱っていた。次に「目が疲れていますね。コンピュータでの仕事は休み休みされるように」という親切なアドバイス。
最後に肩のマッサージで仕上げが終わると、疲れとコリがとれて、体中の細胞が若返ったような気がした。血液循環がよくなり、身体が温まるからだ。おかげで“フットワーク”が軽くなり、明日からまた仕事に飛び回れそう!

SnapCrab_NoName_2015-6-22_10-48-23_No-00

この記事は、シンガポールの日本語フリーペーパー「AsiaX Vol.136(2008年12月15日発行)」に掲載されたものです。
文= AsiaX編集部

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXライフTOP粗塩のスクラブと伝統の指圧マッサージ