シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXライフTOP乳歯が抜けないまま永久歯が生えてきた!どうすればいい?

海外赴任のミカタ

2020年5月22日

乳歯が抜けないまま永久歯が生えてきた!どうすればいい?

 乳歯と永久歯の生え変わりが始まる7歳前後に、よくご相談を受けるのが「乳歯がなかなか抜けずに乳歯の後方から永久歯が生えてきた」というケースです。親にとっては、抜いたほうがいいのか?しばらく様子を見たほうがいいのか?その判断が難しいと思います。
 
 診察をした時点でレントゲンを撮る必要があると判断すれば撮影し、乳歯の根の長さの確認をします。まだまだ抜ける気配がないようであれば数ヵ月後に改めて確認をさせてもらいます。
 
 反対に乳歯の根が永久歯に吸収されて溶けてきているようであれば抜歯をします。この場合、本人の意思を確認して当日に抜く、もしくは後日改めて来院していただきます。特に下の前歯では、このケースのご相談が多くあります。前歯の場合、舌の先が常に歯の裏に当たるため、乳歯の内側から永久歯が生えていたとしても、抜歯をすると舌の力によって押されて永久歯は本来の位置に収まりますので、問題ありません。
 
 噛む力は、乳歯を通じて骨の中の永久歯に伝わります。その刺激によって乳歯の根は永久歯に吸収されていきます。あまり噛まない食生活を送っていると、力そのものがあまり伝わらないので乳歯の根の吸収が遅くなり抜ける前に永久歯が生えてくるといわれています。
 
 普段から小さいお子様はよく噛む習慣をつけるようにして、乳歯と永久歯のスムーズな生え変わりを目指すようにしましょう。

 

ヘルスウェイジャパニーズメディカル
176 Orchard Road, #06-05 The Centrepoint, Singapore 238843
 
ヘルスウェイジャパニーズデンタル
6A shenton way #02-15 OUE Downtown Gallary Singapore 068815
 
TEL : 6733-9785 (予約専用、日本語)
 
Email : hjmc@healthwaymedical.com
www.healthwaymedical.com/japanese

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXライフTOP乳歯が抜けないまま永久歯が生えてきた!どうすればいい?