シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXライフTOPJUN TAIYOだから勝てる!

2006年7月3日

JUN TAIYOだから勝てる!

p01 (26)

マレーシア・セパン・インターナショナル・サーキットで開催されているマレーシアン・スーパーバイク・シリーズ第2戦で、我らがJUN TAIYO AUTOチームが第1ヒート、第2ヒートとも見事優勝を飾りました。

p02 (18)このレースは、マレーシアのオートバイレースでは最高峰レベルに値し、年間6戦(1レース2ヒート制)で開催されるシリーズ戦で、そのうち1戦は世界選手権motoGPのサポートレースとして開催されており、人気、権威とも非常に高いレースです。参加チームも地元マレーシアを始め、レースの本場ヨーロッパからも多く参戦しており、まさに国際レースの様相を呈しています。
当地では94年の創業以来、日系の自動車関連サービス会社として、シンガポールで確固たる地位を築いてきたJUN TAIYOですが、実はこうしたレース活動も行っています。社員の方や、なんと木田社長自らもライダーとして活躍中。プロのライダーというわけではないので、限られた時間ではありますが、昨年も同シリーズや4時間耐久レース等に参戦し、好成績を収めています。今シーズンはマシンも絶好調。次戦は木田社長もライダーとして参戦予定で、ズバリ! 連続優勝を狙います。

p03 (6)モータースポーツというと、一般の方は個人競技と考えがちですが、実は、勝つためには、様々な要素が必要となる団体競技の一面も大きいのです。もちろん一番重要なのはライダーの技術・実力ですが、その他にも、マシン(バイク)そのものを仕上げるチームとしての総合技術レベル、そして、レース当日の天候、温度、湿度、コース・路面状況等に応じたマシンセッティングを行うノウハウ。練習走行からレース当日までのスケジュール管理、ライダーとメカニック、その他スタッフ全員のチームワークも重要な要素です。体力、技術力、知力、団結力が問われる、まさに総合スポーツ!
このような最高レベルのレースで、JUN TAIYO AUTOチームは、確固たる成績を収めてきているのです。「より良い自動車関連サービスを提供し、皆様のお役に立つ」ことをモットーに永年、シンガポールの日系社会に貢献されてきたJUN TAIYO、レースでも証明された確かな技術はもちろんのこと、様々な営業努力、工夫が裏にはあるようです。その一端を覗いてみましょう。

JUN TAIYOで社用車ラクラク管理

あなたの会社は社用車の管理は万全ですか?

p04 (5)シンガポールは、年間を通して非常に暑い気候のため、日本と比べ、車のメンテは重要になってきます。特に、バッテリー、発電機、ゴム関係(隠れていますが、実はエンジンルームはゴム製品でいっぱい)等は非常に劣化しやすく、車の故障が多いことも事実です。

これらの事実に加え、近頃、コンプライアンス、リスク管理、コスト削減といったキーワードに頭を悩まされているMD、総務担当の方も多いはず。もしも整備不良やメンテ切れの車で事故があったら? 万が一の場合があってからでは、もう遅い!駐在員社員の方の安全、法人としての社会義務、リスク管理の観点からも、シンガポールでの社用車の管理をJUN TAIYOから提案します。

  1. 社員任せ、総務担当任せだった社用車管理をJUN TAIYOがかわって管理。
  2. 御社のPC画面から、全社用車のメンテ状況を一目でチェック。
  3. メンテにかかったコストも一目瞭然、決算事務もバッチリ。
  4. メンテ万全で、会社としてのリスク管理も万全。
  5. 万が一の事故・故障時は24時間電話1本で駆けつけ

SnapCrab_NoName_2015-6-19_10-27-13_No-00

 

 

 

 

 

 

 

 

 

p06システムは非常に簡単かつ簡潔。従来、社員が個人で行っていた車のメンテ管理をJUN TAIYOが変わりに引き受けます。オイル交換、タイヤ交換等のメンテ期限が到来したら、同社から各企業の担当者に連絡します。企業担当の方は、これらの社用車のメンテ状況を会社のPCから同社のWEBに入り、一覧でチェックすることが出来ます。1台1台のメンテ状況、次回期限、故障した箇所、そしてメンテにかかったコストもすぐに計算可能です。

メンテ当日は、JUN TAIYOが車の引受けから、引渡しまでを1日で完了。引受け、引渡し時には会社まで来てもらえるので、手間いらず。しかも引受け、引渡し時の場所(なんとパーキングの番号まで)、時間、立会人、走行距離、ガソリン残量等の詳細をメールで、会社担当者にお知らせするという徹底ぶり。そして万が一の事故や故障時は、24時間電話1本で駆けつけてくれます(日本語OK)。何もかも至れりつくせり。これで、あなたの会社も、社用車管理はバッチリです。

この他にも、新車、中古車販売等もJUN TAIYOでは行っています。車関係なら全てJUN TAIYO AUTOに任せて安心!
また、バイク・四輪レースに出場したい方も同社までお問い合わせ(各種サポート可能)

 

8 Fourth Lok Yang Road 629705

この記事は、シンガポールの日本語フリーペーパー「AsiaX Vol.077(2006年07月03日発行)」に掲載されたものです。
文= AsiaX編集部

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXライフTOPJUN TAIYOだから勝てる!