シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXライフTOP江東区(東京都)

シンガポールでお国自慢

2016年10月5日

江東区(東京都)

伝統・未来・水彩都市、3つの魅力的な顔をもつ江東区

東京23区の東部に位置する江東区。内陸部の深川・城東エリアでは江戸時代から本格的な土地開発が始まり、世代を越えて受け継がれてきた「伝統」を感じることができます。一方、区南部の臨海エリア(豊洲・有明・青海)を中心に集うビジネス・エンターテイメント・文化芸術施設高層ビル群の姿からは、新しい時代の到来、都市の「未来」を垣間見ることができます。さらに、都心にありながら隅田川、荒川、東京湾など豊かな水と緑に囲まれた「水彩都市」であり、区全域に広がる癒しの空間を満喫することができます。

 

江東区の見どころ

江東区で開催される人気イベントのひとつに、毎年8月15日前後に行われる深川の富岡八幡宮の例祭「深川八幡まつり」があります。3年に一度行われる本祭の神輿渡御(みこしとぎょ)では、54基の大神輿が勢揃いして深川の町を練り歩く「連合渡御」が多くの人を熱狂させます。沿道では担ぎ手に水をかけて冷やす習慣があるため「水掛祭」とも呼ばれており、威風堂々・壮観という言葉がぴったりです。

311web_1_matsuri

江戸三大祭のひとつ「深川八幡まつり」

江東区ブランディング戦略

311web_logo2020年の東京オリンピック・パラリンピックでは、江東区は全区市町村で最も多くの大会会場が整備される予定です。充実したスポーツ環境と伝統的に受け継がれてきた下町人情を生かし、国内外に区の魅力を積極的・戦略的に発信するため2016年3月から「江東区ブランディング戦略」を策定しました。ブランドコンセプトおよびロゴマーク等の普及を通じて区の魅力を国内外に広くアピールし、多くの人に「江東区が好き」「江東区を訪れたい」「江東区に住みたい」と思ってもらうのが目的です。
またオリンピック競技の観戦を目的とした来訪者にも、多様な魅力あるまちとしての印象を強く残してもらい、今後も継続的に江東区を訪れてもらうリピーターづくりを目指します。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXライフTOP江東区(東京都)