シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXライフTOP長崎県

シンガポールでお国自慢

2016年4月4日

長崎県

いつ訪れても楽しい「観光立県長崎」

美しい自然と豊富な観光資源に恵まれた長崎県。そんな長崎県にとって、2015年は飛躍の年となりました。長崎県へのクルーズ船寄港が過去最多の180回。2012年に「世界新3大夜景」に選ばれた長崎市は、日本一を決める夜景サミット2015でも第1位。地域のブランド力を評価する「都道府県別魅力度ランキング」では、長崎県が第6位となりました。さらに端島(軍艦島)をはじめ、長崎県が8つの構成資産を有する「明治日本の産業革命遺産」が世界文化遺産に登録されました。
訪れる人々が安心して快適な観光を楽しめる「観光立県長崎」。ここでは四季の風景や行事、お祭りなどを紹介します。

 

■春

「王国シリーズ」と銘打って、花や光、音楽などをテーマにしたイベントを次々に展開して来場者を増やしているハウステンボス。毎年春には、700種類のチューリップを見ることができる「チューリップ祭」が開催されています。夜は有機ELパネルで輝く世界初・最先端の光のチューリップが音楽と共に輝くショーにも注目です。宿泊は、メインスタッフがロボット、キーレスで顔認証システムを採用するなど、一風変わった未来型ホテル「変なホテル」を利用してみてはいかがでしょうか。

■夏

長崎県には、約600の美しい「しま」があります。これらの島は「国境のしま」と呼ばれる対馬、玄界灘に浮かぶ壱岐、東シナ海に連なる五島列島、県北の海域に散在する平戸諸島、西彼杵(にしそのぎ)半島と長崎半島に沿って点在する西彼(せいひ)諸島からなります。それぞれの島には豊かな自然、おいしい食べ物、特色ある歴史や文化があります。特に壱岐には、筒城浜(つつきはま)などの美しい海水浴場が島内に点在しており、夏場は海水浴やマリンスポーツを求めて多くの観光客で賑わっています。

 

ハウステンボスのチューリップ祭。ⓒHUIS TEN BOSCH/J-17113
南国のように透き通った海が広く存在する。

 

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXライフTOP長崎県