シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXライフTOP兵庫県

シンガポールでお国自慢

2016年1月1日

兵庫県

個性豊かな「国」が1つになった情緒あふれる県

兵庫県は、大都市から農山村、離島までさまざまな地域で構成されており、多様な気候と風土を通して、海水浴やスキー、温泉などの多彩なレジャーが楽しめることから、「日本の縮図」といわれています。特に、歴史や風土、産業などの違いから、摂津(神戸・阪神)、播磨、但馬、丹波、淡路の5つの地域(ひょうご五国)に分けることができ、それぞれに魅力があります。

 

「ひょうご五国」の魅力 

■自然

県北部、但馬エリアにあるハチ高原・ハチ北高原は関西を代表するスキーリゾート地の1つです。オフシーズンにはキャンプやハイキングなどが楽しめます。
三田市の永沢寺(ようたくじ)では6月から7月にかけて、約650種、350万本もの花しょうぶが咲き誇り、美しい花の名所として知られています。
まやビューラインは神戸の市街地から程近いケーブル・ロープウェイ。空中から街と海を一望できます。
世界最長の吊橋「明石海峡大橋」を渡って淡路島に行くと、「国生み神話」ゆかりの「伊弉諾(いざなぎ)神宮」、動物とのふれあいを楽しめる淡路島牧場があるほか、四国との間の鳴門海峡では、海面が大きく渦巻く「うず潮」が旅行者をひきつけます。

 

ハチ北高原のスキー場は雪質が関西随一とも言われる。

 

■温泉

兵庫県には有名な温泉地が多数あります。有馬温泉は、日本最古の温泉の1つ。但馬の城崎温泉は約1,400年の歴史があり、柳並木と古い町並みが風情を醸し出します。7つの外湯巡りも人気です。また、同じく但馬の湯村温泉は約1,150年の歴史がある名湯で、源泉から湧き出る98度の湯では卵がすぐに茹で上がります。

■歴史・文化

兵庫県には日本史の舞台に登場する名所・旧跡が点在するほか、各地の豊かな伝統文化が訪れる人々の心に訴えます。姫路城は外観、内部ともに築城当時の原形をとどめる城郭で、別名「白鷺城」とも呼ばれます。日本の国宝で、ユネスコの世界文化遺産にも登録されています。
また、1体の人形を3人で操る淡路人形浄瑠璃は、国の重要無形民俗文化財に指定されている伝統芸能です。

■都市

神戸市の山の手には、かつての外国人居留地で、今も当時の風情を残して多くの観光客に愛され続ける北野異人館街があります。さらに中華街の南京町も神戸市に彩りを添えます。
また、阪神間には、華麗な女性だけで構成された宝塚歌劇団の本拠地として知られる宝塚市や、甲子園球場があることで有名な西宮市など、魅力的な街が揃っています。

 

 

1609年に建築された大天守が残る姫路城。

 

 

 

キャラクター紹介

2003年1月17日生まれの男の子。根っからの元気者で、チャレンジ精神旺盛。
どんなところへも顔を出し、人懐っこい笑顔を振りまきます。

案内人 徳永 達也 (とくなが たつや)

兵庫県神戸市生まれ。シンガポール在住9ヵ月。シンガポールの強い日差しを避けて、卓球を始める。地元の人の変化球に苦戦しながら、その技を身に着けたいと日々奮闘中。

この記事は、シンガポールの日本語フリーペーパー「AsiaX Vol.294(2016年1月1日発行)」に掲載されたものです。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXライフTOP兵庫県