シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXライフTOPスイングの見た目で判断しないで?!

プロだから知ってる!ゴルフのお話

2012年1月16日

スイングの見た目で判断しないで?!

2042012年が始まりました!「今年は100を切るぞ~!」、「ドライバーをもっと飛ばすぞ~!」、「ゴルフコースデビュー!」等、たくさんの思いを皆さんお持ちでしょう!私ですか?そうですね、とにかく楽しく1年を過ごしたいものです。
先日、ゴルフ歴1年の生徒Aさんが私に「先生、私のゴルフスイングは変ですか?」と突然聞いてきました。理由を聞くと友人とゴルフコースを回った時、同伴者が一人一人のスイングをビデオで撮り、皆さんに軽くコメントをしたそうです。そしてAさんに「変わったスイングですね?!」。それを聞いたAさんはスイングが気になり、全然楽しく無いラウンドだったそうです。
私から言わせてもらいますと……困ったものです。もちろん、ゴルフレッスンにおいてビデオを使ったスイングの細かいチェックは有効です。ただ、初めてのスクールでいきなり7番アイアンやドライバーのフルスイングでトッププロのスイングと比較するような事はなく、私の場合は短い10~30mの小さな動きのスイングを芝の上から打ってもらい、他の生徒の皆さんとの違いをビデオを使って比較してもらいます。スイング全体の流れや上半身と下半身の動き、スピードなども重要なのですが、やはりボールを打つ前のグリップ、姿勢、力の抜き方がバランス良くできて初めて良いスイングができるものです。また、良いスイングを覚えるには、小さな動きから始めて行った方が大きなフルスイングもより簡単にできるようになります。しかし、全体の動きの中でポイント的に直しても、それ以前の間違いを直さないと良いスイングには結びつきません。
ゴルフコーチと言う職業はお医者様と似ているところがあります。お医者様は、お腹が痛い患者さんが来てもいきなり手術でお腹を切開したりしません。まずは体温を測り、血圧、レントゲン等いろんな検査の後、腹痛の原因を見つけ出します。そしてもっとも適したお薬や方法によって健康な体にしてくれます。お医者様のもとに来る患者さんも、お子さんから年配の方まで様々ですから、それを見極めて体力にあった処置をしてくれます。
スイングを良くするには、スイングの見た目だけで判断せずに、プロのゴルフコーチにお尋ねください!きっと良い方法が見つかるはずです。

文=JUN OJIMA

1967年生まれ。5歳の時から米国・オーストラリア・マレーシア・南米で生活し8ヵ国語に堪能。1992年プロ転向、アジアを中心に欧州や南米のツアーに参戦。現在マリーナベイゴルフコースでジュニアから上級者まで幅広くレッスンを行っている。レッスンのお問合せはメールもしくはウェブサイトへ。

この記事は、シンガポールの日本語フリーペーパー「AsiaX Vol.204(2012年01月16日発行)」に掲載されたものです。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXライフTOPスイングの見た目で判断しないで?!