シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXライフTOP京都府

シンガポールでお国自慢

2015年12月7日

京都府

「もうひとつの京都」へ、おこしやす

京都と言えば有名な寺社仏閣、京料理、伝統工芸品と、豊富な観光資源があります。しかし、京都の「ほんま」の魅力は、美しい海や奥深い森、美しい茶畑にもあると言うと意外かもしれません。京都府では、世界遺産が集中する京都市の外のエリアを大きく3つに分けて、それぞれの地域の自然や観光資源を生かした「もうひとつの京都」の取り組みを進めています。

 

「海の京都」 

府北部の丹後・中丹地域には、日本三景に数えられる天橋立や、伊根の舟屋など、京都にも海の観光地があり、冬の味覚の蟹はとても美味です。2015年に縦貫自動車道が全線開通し、京都市内からわずか1時間半で天橋立まで行けるようになりました。Photo1 天橋立

雪の天橋立 (写真提供:京都府商工労働観光部)

 

「森の京都」

府中部の丹波地域には、渓谷の風景を楽しみながら川を下る迫力満点の保津峡川下り、ジョン・レノンも癒しを求めて訪れた湯の花温泉、茅葺き民家が現存する美山かやぶきの里、美しい雲海を見ることができる大江山など、体験型の観光地がたくさんあります。Photo3 トロッコ列車と紅葉

嵯峨野のトロッコ列車と紅葉 (写真提供:京都府商工労働観光部)

 

「お茶の京都」 

府南部の山城地域には世界遺産、平等院鳳凰堂(宇治市)があるほか、玉露をはじめとする高級茶の一大産地もあります。さらに、和束(わづか)町のマウンテンバイクコースは、自転車競技の新たな聖地となっています。

Photo2 茶畑(和束町)

茶畑が広がる、夏の和束町 (写真提供:京都府商工労働観光部)

 

 

春の桜と秋の紅葉の季節に観光する場合は、お早めの宿泊予約をおすすめします。また、京都市立音楽高校の卒業生でもある世界的バイオリニストの葉加瀬太郎さんが劇中曲を担当、京都在住の女優、本上まなみさんが主演を務めるショートムービー「もうひとつの京都」シリーズは必見です!
〈もうひとつの京都、行こう。〉http://www.pref.kyoto.jp/anotherkyoto

 

「シンガポール京都倶楽部」が発足

現在京都府では、世界各地の「京都倶楽部」というボランティアグループを応援しています。シンガポール京都倶楽部は、2015年12月10日に設立総会が開催されます。単なる県人会組織ではなく、京都府に縁があって、「シンガポーリアンにほんまもんの京都の魅力を伝えたい」「京都の経済界にもっとシンガポールを知ってほしい」という熱意のある方に、ぜひご参加いただきたいと思っております。フェイスブックページも立ち上げますので、会員申請したり、「いいね!」したりしてください。
今後は2016年2月下旬から3月上旬にかけて、シンガポール髙島屋で開催予定の京都物産展を中心とする京都ウィークに向けて盛り上げていくことが、京都倶楽部の最初のミッションです。

Photo4 七谷川・さくら公園

桜並木が美しい、春の七谷川さくら公園
(写真提供:京都府商工労働観光部)

 

〈京都倶楽部〉 http://kyotoclub.jp
なお、京都府の観光情報は、ウェブサイトなどでご覧いただけます。
〈京都観光Navi〉 http://kanko.city.kyoto.lg.jp

 

キャラクター紹介
Charactor293_okunijiman

生年不詳(推定年齢2000歳)の男の子。名前の由来は、繭を育むようにみんなの夢を育てること。京都府の「広報監」として働いています。

案内人 鍋岡 崇 (なべおか たかし)

2015年4月、京都市左京区からシンガポールへ単身赴任。海外駐在は上海に続き2度目。週に1度のアイスホッケーが一番の楽しみで、シンガポール・アイスホッケー協会が開催する3部リーグでの優勝はこの夏最高の思い出の1つ。時々バイオリン演奏やアジア独り旅で英気を養っています。

この記事は、シンガポールの日本語フリーペーパー「AsiaX Vol.293(2015年12月07日発行)」に掲載されたものです。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXライフTOP京都府