シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXライフTOP小山市(栃木県)

シンガポールでお国自慢

2015年10月5日

小山市(栃木県)

癒しと歴史のある街・おやま

東京から約60キロの位置にあり、新幹線の停車する交通の要でありながら、水と緑と豊かな大地に恵まれ、四季を通して様々な景色を織りなす小山市。都会からのショートトリップにも適しています。

小山市でしか体験できない5つのこと

①自然 日本の“サレンゲティ(終わりの無い草原)”、 カメラマンのパラダイス!
ラムサール条約登録湿地「渡良瀬遊水地」は、貴重な動植物の宝庫!渡良瀬遊水地の美しい自然は、四季の移り変わりの中で様々な表情を見せ、年間を通して絶好の撮影ポイントとして多くの写真愛好家に注目されています。また、自然観察やサイクリングなど、自然との触れ合いが楽しめます。

②食 美味しい名物を味わいながら、心も体も満足
市内に点在する5つの酒蔵を見学して、日光連山から湧き出る上質な水を使って作られた地酒を堪能。また、1年を通して食材の宝庫である小山市で、おやま和牛やいちご、無農薬・無化学肥料栽培の「ふゆみずたんぼ米」など、安全・安心でとびきり美味しい特産品の数々を堪能できます。

289web_Photo1-渡良瀬遊水地

遊水地として日本最大級の面積を誇る、渡良瀬遊水地

 

③文化 結城紬や間々田紐の里で、熟練した技を受け継ぐ伝統文化を体感
結城紬は、日本最古の歴史を誇る高級絹織物の1つであり、2010年11月にユネスコ無形文化遺産に登録されました。反物になるまでのすべての工程が手作業で行われます。

 

④体験&工場見学 農業体験から工場見学まで、楽しんで学ぶ
田植え、稲刈り、野菜収穫やいちご狩りなどの農業体験をはじめ、日本古来の手組み紐である間々田紐作り、森永工場見学など、様々な体験を楽しんだ後は、思川(おもいがわ)のせせらぎを感じながら温泉でのんびり疲れを癒します。

 

⑤歴史 いにしえの歴史を感じながら開運
関ヶ原の戦いの直前、徳川幕府300年を決定づけた軍議「小山評定」が行われた事から「開運のまち」と呼ばれています。また市内には大小様々な古墳群など、数多くの遺跡があります。中でも寺野東遺跡では、模型や映像を通して歴史を学ぶことができます。

289web_Photo2-結城紬

結城紬は繭を広げて真綿にし、手でつむいでいるので、
軽くてやわらかいのが特徴

小山市がよくわかる関連ウェブサイトはコチラ!
●小山市ホームページ www.city.oyama.tochigi.jp
●小山市観光協会ホームページ http://oyama-kankou.a.la9.jp

 

キャラクター紹介

289web_Photo-Yuru-charactor-政光寒川09
289web_okuni小山氏の祖、小山政光と、政光の妻であり源頼朝の乳母を務め、女性ながらに地頭職に任ぜられた寒川尼がモデルです。平成24年4月から小山市のベストカップルとして、ふるさと「おやま」を全国に発信しています。

案内人 堀江 和美 (ほりえ かずみ)

茨城県生まれ、埼玉県育ち。現在は栃木県に家族を残して単身赴任中。シンガポール在住6ヵ月。趣味は旅行と食べ歩き。2年間の滞在の間にたくさんの方と出会い、学び、経験しながら、同時に日本の素晴らしさを海外の人に伝えていきたいと思っています。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXライフTOP小山市(栃木県)