シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXライフTOP歯の痛みについて

ヘルスウェイジャパニーズメディカルセンター通信

2015年8月3日

歯の痛みについて

285_Healthway-Photo_webここでは虫歯以外の痛みを挙げます。

 

治療した歯の痛み
神経を取れば歯は痛くならないと思われがちですが、神経を取った歯も痛くなります。虫歯で歯の神経を取った後で被せ物をした場合、虫歯が神経まで進行しているので、歯の中が細菌によって感染していることがあります。
歯の中が感染しても身体は免疫力によって守られています。そのため通常は痛むことがありませんが、疲れたり風邪を引いたりして免疫力が低下すると細菌自体が活動し始めて、急にズキズキとした痛みが出て物が噛めなくなる場合があります。痛み止めはほとんど効果がないので抗生物質を飲んで細菌を減らさなければ効果がありません。場合によっては被せ物から根の中の薬まで除去しなければならないときもあります。

 

知覚過敏
歯の根元のエナメル質が歯の食いしばりや強いブラッシングなどによってはがれてしまうと、冷たい水などでキーンとした痛みが出ることがあります。放置していると根元がどんどんと削れていきますので早めに対処する必要があります。
コーティング剤などを塗るだけでも改善されますが、明らかに削れてしまっている場合はレジンと呼ばれるプラスチックで修復する必要があり、修復すればしみる痛みは止まります。

Screen Shot 2015-06-25 at 7.35.39 pm提供=ヘルスウェイジャパニーズメディカルセンター

111 Somerset Road #05-02 TripleOne Somerset S238164

MRTサマセット駅下車すぐ
TEL : 6733-9785(日本語)
Email : japanese@healthwaymedical.com
Twitter: HealthwayMed


 

※健康診断、総合診療、各種予防接種、歯科診療、針灸診療など ヘルスウェイ専門医へのご紹介、日本語サポートサービスを行います。

この記事は、シンガポールの日本語フリーペーパー「AsiaX Vol.285(2015年08月03日発行)」に掲載されたものです。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXライフTOP歯の痛みについて