シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXライフTOP鹿児島県

シンガポールでお国自慢

2015年7月6日

鹿児島県

海外との歴史的なつながりと地理的特性を有する県

 

鹿児島県は、太平洋と東シナ海に囲まれた南北約600キロメートルにわたる広大な県土を有し、日本の西南部に位置するという地理的条件から、歴史的に外国との交流の門戸として重要な役割を果たしてきました。例えば、薩摩半島の南西端にある坊津(ぼうのつ)は、8世紀に唐の高僧・鑑真和上の上陸地となったほか、中国、東南アジア等との貿易、宗教・文化交流の起点として栄えました。鹿児島県では、これまでの歴史的なつながりや地理的特性などを生かしながら、アジア地域を中心に様々な国際交流を行っています。

 

kago1

鹿児島を象徴する桜島。活火山のため、常に煙が出ている。

 

30年以上続く鹿児島県とシンガポールの交流

鹿児島県とシンガポールは、1982年に第1回「鹿児島・シンガポール交流会議」を開催して以来、2年毎に相互の地で交流会議を開催しています。経済、観光、文化・芸術、青少年など幅広い分野において交流を積み重ね、固い絆を築いています。次回の交流会議は2016年にシンガポールでの開催を予定しており、今後の更なる交流促進が期待されます。

 

 

鹿児島は「真っ黒」!

鹿児島県は、たくさんの「黒」で溢れています。かごしま黒豚、鹿児島黒牛、黒さつま鶏、クロマグロ、黒酢、黒砂糖、黒糖焼酎、薩摩黒切子など、黒潮がもたらす独特な風土と歴史によって、全国的にも高い評価を受ける「黒」の食材や伝統工芸品が生まれています。

 

 

かごっまへおじゃったもんせ(鹿児島へいらっしゃい)!~食・温泉・自然の宝庫へ~

鹿児島県は「食」の宝庫。さつまいも、豚は全国1位、茶、肉用牛は全国2位の生産量を誇っているほか、鶏刺し、さつま揚げ、きびなごの刺身、黒豚料理、奄美の鶏飯など、鹿児島名物も豊富です。
また、鹿児島は「温泉」の宝庫でもあります。活火山を多く有する鹿児島県は、全国第2位の源泉数(2,753ヵ所)を誇る日本屈指の温泉県です。世界中で唯一の天然砂蒸し温泉が楽しめる指宿温泉、豊かな自然に囲まれる霧島温泉をはじめ、県内ほぼ全域に源泉が広がっており各地で温泉を楽しむことができます。

 

 

さらに、1993年に世界自然遺産に登録され、映画『もののけ姫』の舞台にもなった屋久島や、日本で初めて国立公園に指定された霧島、美しい海に囲まれ、世界的にも貴重な動植物を有する奄美群島など、鹿児島県は深く雄大な自然で溢れています。鹿児島県の観光情報はウェブサイト(www.kagoshima-kankou.com)などでご覧いただけます。

 

kago2

鹿児島県の最南端にある与論島の百合が浜。干潮時など、条件が揃わないと出現しない幻の浜。

 

 

キャラクター紹介

kago3

ttl

鹿児島が全国に誇る「かごしま黒豚」と、鹿児島が有する豊かな自然をイメージ。黒豚の特徴である六白(鼻と尾、4本の足先の計6ヵ所が白い)に、自然を表す緑と黄、花、そして顔は凛々しい西郷どんです。緑化の緑(グリーン)とぶた(ぶー)を足して、ぐりぶーです。性格はぼっけもん(鹿児島弁で大胆)、気はやさしくて力持ち、食いしん坊です。

http://greboo.com/

案内人 三原 好太郎(みはらこうたろう)

鹿児島県鹿屋市生まれ。シンガポール在住1年4ヵ月。趣味は旅行と日々の疲れを癒す「だいやめ」(鹿児島弁で晩酌)で、シンガポールでは値段の高い焼酎をなかなか飲めないことが悩み。

 

スクリーンショット 2015-06-29 21.07.24

自治体と世界をつなぐプロフェッショナル。

CLAIR(クレア)は、一般財団法人自治体国際化協会の略称です。CLAIRシンガポールは、東南アジア諸国と日本の地方自治体の国際交流や国際事業を推進するために様々な支援活動を行っています。

www.clair.org.sg

この記事は、シンガポールの日本語フリーペーパー「AsiaX Vol.283(2015年07月06日発行)」に掲載されたものです。
文= CLAIRシンガポール

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXライフTOP鹿児島県