シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXライフTOP物件探しのアドバイス「さあ、ビューイング!」

シンガポール不動産トレンド情報

2008年1月28日

物件探しのアドバイス「さあ、ビューイング!」

1月に入り、物件探しをされる方が増えてきました。旧正月明けから3月にかけて、日本人市場はさらに活発になると予想されます。賃料が上がり、賃貸市場の厳しい状態が続いていますが、最低2年間は住む大切な家のこと、有意義なシンガポール生活のためにも後悔のない部屋選びをしたいものです。

見学時、どのような基準を持ってお部屋をチェックしていますか?条件によっては妥協せざる得ないこともありますし、日本とは環境もシステム(給湯・換気扇など)も違います。優先順位をつけてポイントを絞りましょう。

  1. 部屋の向き日中部屋にいる時間が長い場合、リビングやキッチンが真西向で西日が入ってくる環境は暑いと避けられがちですが、遮光カーテンなどでカバーできることもあります。また昨今の再開発で、お隣が工事中と言うことも。工事は通常、日曜を除く朝から夕方まで行われているところが多いようです。工事の進ちょく状況、窓などの建付け具合、向き、生活習慣(単身者など)によってはあまり影響がないこともあります。
  2. 間取り各部屋の広さは適当か、収納は確保されているか(ストアルーム、クローゼット、キッチンキャビネットの広さや有無)、窓の位置や大きさ(キッチンやバスルームに日本のような換気システムがないため)、玄関から室内やキッチンからダイニングルームまでの動線は良いか、コンセント・電話・インターネットのポイントは適切な位置にあるかなど、ライフスタイル・家族構成を考慮してチェックしてみてください。
  3. 設備セキュリティーは万全か。常駐警備員やセキュリティーシステムがある所が多いのですが、心配な場合はドアにチェーンやロックを付けるなどの対策もおすすめです。プールなどのファシリティの種類は、コンドの規模により大きさも異なります。駐車場スペースは、通常1台は無料ですが、商業施設に隣接しているコンドのものは有料です。

現在賃貸市場の動きが早いので、気に入った物件の交渉は至急とり進める必要があります。見学後に出てきた疑問・不安な点などは、すぐに担当のエージェントや可能なら住んでいる方に確認しクリアにしておきましょう。

協力=コンパス不動産

文=新納美紀

本記事の内容は物件、エリア、時期によって異なる場合があります。物件をお探しの際には最新情報を必ずご確認ください。

この記事は、シンガポールの日本語フリーペーパー「AsiaX Vol.115(2008年01月28日発行)」に掲載されたものです。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXライフTOP物件探しのアドバイス「さあ、ビューイング!」