シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXライフTOP練習場でどのクラブを選ぶ?

プロだから知ってる!ゴルフのお話

2012年3月19日

練習場でどのクラブを選ぶ?

3月といえば、別れの季節です。生徒の皆さんが本帰国になったり、違う国へ行かれたりと寂しいものです。
ゴルフは大切な家族、友人、そして愛する人といつまでも出来るスポーツです。環境やライフスタイルが変わってもゴルフをする時間を是非持ってくださいね。何時かまたどこかで一緒にプレーしたいものです。よね?!
さて気を取り直して、今回は練習場でどのように練習したらよいのかをお伝えしましょう!よく練習場でお見かけするのが、アイアンを10球ぐらい打ってから、ドライバーをガンガン打ちまくる方です。やはり、ゴルフにとっての最大の魅力は誰よりも遠くに飛ばす事。特に男性の方はこれでもか~!と言わんばかりに思いっきり打ってますよね?
ゴルフをされている方ならお分かりになると思いますが、ドライバーよりも短いアイアンの方が確率良く当たるものです。アイアンの方が簡単だと私は思うのですが、なぜか一番難しいドライバーばかりを練習される方がたくさんいます。仕事のストレスがあったりして、遠くに気持ち良く飛ばしたいのは良くわかるのですが、本当に良いスイングを作るのは、実は短い8番アイアン~PW(ピッチングウェッジ)なのです。
構えてみて解ると思いますが、ボールを体の中心より少し右にセットする事により、肩の目標に対するラインも平行に構える事が出来ますので、自然に良いスイングになってきます。
でも、ドライバーやロングアイアンで練習する時は、ボールの位置が左足寄りになるため、肩のラインが目標よりも左に向きやすくなります。お気をつけください!また、構えた時のグリップの位置が体の中心よりも左にあると、右肩が前に出やすくなります。
私が一番お勧めする練習方法はズバリ「得意なクラブで楽しくやりましょう!」です。苦手なクラブで練習をしてミスショットをたくさん打つよりは、得意なクラブでたくさん打つことで脳に良いイメージをあたえてください。
P.S. OJIMANは脳に20代だと指令を出しております!アーメン……。

1967年生まれ。5歳の時から米国・オーストラリア・マレーシア・南米で生活し8ヵ国語に堪能。1992年プロ転向、アジアを中心に欧州や南米のツアーに参戦。現在マリーナベイゴルフコースでジュニアから上級者まで幅広くレッスンを行っている。レッスンのお問合せはメールもしくはウェブサイトへ。

この記事は、シンガポールの日本語フリーペーパー「AsiaX Vol.208(2012年03月19日発行)」に掲載されたものです。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXライフTOP練習場でどのクラブを選ぶ?