シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXシンガポールのイベント「シンガポール・インターナショナル・フェスティバル・オブ・アーツ2016」今年も開催、野田秀樹作『三...

イベント内容

「シンガポール・インターナショナル・フェスティバル・オブ・アーツ2016」今年も開催、野田秀樹作『三代目、りちゃあど』も上演予定

開催日
「The O.P.E.N」: 6月22日(水)~7月9日(土)、本開催 : 8月2日(火)~9月17日(土)
お問い合わせ・お申込み(外部サイト遷移)

2014年から始まった祭典「シンガポール・インターナショナル・フェスティバル・オブ・アーツ(SIFA)」は今回、15の新作を含めた20作品を上演予定で、舞台芸術のジャンルや国境を横断しつつ、古典と現代、東洋と西洋という二元論を超えたアートの魅力を堪能する機会になりそうだ。そのプレアクトとして、音楽からダンス、ファッション、建築、映画、フォーラムなど43の実験的なイベントやパフォーマンス「The O.P.E.N」が6月22日から7月9日まで18日間にわたって先行開催される。

今年のSIFAのテーマは “POTENTIALITIES(様々な可能性)”。「それは潜在的な可能性と具現化されたものの間にあるもの、そして未知なるものの持つ力が形づけられ発展する過程にあるものです。この力が与えてくれる様々な可能性を今回の作品群で表現していきたい」と語るのは、世界的な舞台芸術家で、SIFAの総合ディレクターも務めるオン・ケンセン氏だ。

 

Ron Arad 720 3@AsaBruno

 

注目作品のひとつ「Ron Arad’s 720₀」というパフォーマンス(9月2日~11日)では、イギリス現代建築の巨匠ロン・アラッドが創った5600個のシリコンを浮遊させた直径18mの円柱型ステージで、ペインティングアクトとともにインドネシアの歴史文化を回想したフィルムなどが上演される。

また、一昨年のシェイクスピア生誕450周年を記念した舞台も必見だ。“ルパージュマジック”と称されるカナダ人演出家ロベール・ルパージュは、『ハムレット』をモチーフに世界屈指の映像テクノロジーを取りいれた一人芝居を吊りさげられたキューブ状の舞台で繰りひろげる。

 

Sandaime Richard@Gembong Hardian

 

さらに見逃せないのは、野田秀樹脚本1990年から夢の遊眠社で上演されている舞台劇『三代目、りちゃあど』だ。「シェイクスピアはなぜリチャード三世を徹底した悪人として描いたのか」という素朴な疑問から名作『リチャード三世』を翻案した野田秀樹の戯曲をオン・ケンセン氏みずから演出する。『ベニスの商人』の悪者・シャーロックが弁護士役として登場し、殺人罪は残虐な王リチャード三世でなくシェイクスピア本人にあると主張する奇想天外なこの舞台には、日本の歌舞伎や狂言界だけでなくシンガポールの実力派俳優陣も結集する。

すでに発売が始まっているプレアクト「The O.P.E.N」のチケットは、各イベント10ドル。「The O.P.E.N」パスを購入すればすべての演目が無料で観られるほか、SIFAのチケットが25%オフになる。またお得なアーリーバード(5月8日まで発売の早期割引券)もあるので詳しくはぜひSIFAのウェブサイトで確認してほしい。

 

「シンガポール・インターナショナル・フェスティバル・オブ・アーツ(SIFA)2016」

開催期間:「The O.P.E.N」が6月22日(水)~7月9日(土)、本開催8月2日(火)~9月17日(土)

開催場所:ナショナルギャラリー、ビクトリアシアター(ともにシティホール地区)、ドラマセンターシアター(ブギス地区)、ガーデンズバイザベイなど

会館時間:演目によって異なるため詳細は公式ウェブまで(下記)

料金:The O.P.E.Nパスは一般45Sドル(アーリーバードは20%オフ SIFA会員25%)、学生、シニア(55歳以上)25Sドル、各イベント10Sドル。SIFAの演目も一般のほかアーリーバード、学生・シニア割引あり。各イベント無料~80Sドル(予定)

※イベントの詳細、チケット等についてはSIFAの公式ウェブサイトwww.sifa.sg 、またはSISTICのオンライン窓口 www.sistic.com.sg まで

お問い合わせ・お申込み(外部サイト遷移)

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXシンガポールのイベント「シンガポール・インターナショナル・フェスティバル・オブ・アーツ2016」今年も開催、野田秀樹作『三...