シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXビジネスTOPシンガポールの固定電話回線プランとサービスのご紹介

ITコラム

2020年2月12日

シンガポールの固定電話回線プランとサービスのご紹介

IT環境”困った”にお答えする ~知って得するIT情報~

シンガポールの法人向け電話回線のプラン・サービス、電話回線数、国際電話の方法について

 シンガポールで新規オフィス開設やオフィス移転をするにあたって、必須の存在である電話回線。電話回線のプラン、国際電話に関して、こんな質問をよく受けます。
 
 「どの電話回線のプランがいいですか?また、電話回線数、国際電話はどのようにすればいいでしょうか?」
 
 シンガポールでは、Singtelが法人向けの電話回線のリーディングカンパニーと言われています。光ファイバー対応のインターネットの他に携帯電話、固定電話、ISDNのサービスも展開。同社が提供しているプランやサービスを中心にご紹介します。
 

電話回線プランについて

1.アナログ電話回線サービス

 一般のオフィスで多く利用され、銅線(メタル線)を使っての接続。小規模オフィス、SOHO、店舗・レストランなどでの利用に適しています。
 

2.ISDN電話回線サービス

 ノイズを抑え高音質な通話が可能なデジタル回線。1本の回線契約で複数の通話チャンネルが利用可能。FAX回線との共有もできます。なお、最小購入数は10チャンネルプランで30チャンネルプランまでです。
 
 また、DDI(ダイレクト・ダイヤル・イン)サービスがあり、個々の電話機に番号を割り当て、外部から直接着信させることも可能。担当への取次の手間が省けます。
 
 大小さまざまな規模のオフィスで、複数の部署があり、担当者を直通番号で呼び出せるようにしたい場合に適しています。
 

電話回線数・台数について

 電話回線数は、業務上で同時に何人の通話が必要か想定のうえ、決定します。例えば、同時に全従業員10人分必要なら10チャンネル(=10回線)が、ピーク時に同時通話が最大でも10人中3人程度の見込みならば、3チャンネルを申し込めばよいでしょう。一般的には、従業員数の3分の1程度とすることが多いようです。
 
 また、電話機の台数は、一般的にはデスクの数+会議室数が目安。事前に何台の電話機が必要かを確認してみるとよいでしょう。
 

コールハンティングサービス(代表番号サービス)とは

 コールハンティングサービス(代表番号サービス)とは、回線の一つに『代表番号』を付与し、代表番号が通話中の状態でも、副番号として設定した電話番号に自動的に接続するサービスです。代表番号に同時に複数の着信があっても対応することが可能。
 
 例えば、右図の通り6555-0001を『代表番号』に設定した場合、こちらが通話中となったら、副番号の-0002へ接続。また、この副番号も通話中となれば、次の副番-0003へ接続されます。
 

シンガポールからの国際電話の方法

 Singtelの格安国際電話(IDD:International DirectDial)を申し込むと、比較的お得に電話やFAXをご利用頂くことが可能。国際電話の方法は、国番号の前に『019』を付けるだけとシンプルです。例えばシンガポールから日本の03-8888-7777に電話したい場合は、01981388887777とダイヤル。なお、料金の目安ですが、日本への通話でS$0.39/分です。
 


KAWATEC PTE LTD
川辺 高峰(かわべ たかお)
420 North Bridge Road #03-20 North Bridge Centre (S) 188727
お問い合わせ : 6743-4530 (日本語でご相談頂けます)
E-mail : info@kawatec.com
Website : https://kawatec.com

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXビジネスTOPシンガポールの固定電話回線プランとサービスのご紹介