シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXビジネスTOP雅楽師 東儀秀樹さん 海外で「懐かしい」と言われる雅楽、国を超え...

スペシャルインタビュー

2017年1月1日

雅楽師 東儀秀樹さん 海外で「懐かしい」と言われる雅楽、国を超えた根源的な音楽の形

―ご自身の音楽性のルーツについてお聞かせ下さい。
タイやメキシコに住んでいたこともあり、これらの国の音楽から影響を受けたのかとよく聞かれますが、あまりそういう実感はありません。実際に僕が海外で触れていた音楽はビートルズなどで、中学生・高校生の頃はロックに夢中になり、バンドでギターを弾いていました。また父はベートーベンが好きでクラシックをよく聴いており、母はミュージカルや映画音楽を好み、よく童謡を歌って聞かせてくれました。多様な音楽に接する環境が、自分の感性や音楽スタイルに大きく影響しています。

 

さまざまな音楽を知っていたことで、雅楽の楽器とも自由に向き合うことができたと思います。また、楽しい音楽とは何かを知っていたからこそ、雅楽の楽器は古典の儀式のためだけのものではないと思うことができました。最初に篳篥(ひちりき:主に主旋律を担当する縦笛)を手にしたとき、この音でこんな奏法がある楽器なら、ビートルズを吹いたら魅力的だろうとか、自然に閃くことができたのです。

 

―2016年11月には、アルバム『Hichiriki Christmas(ヒチリキ・クリスマス)』をリリースされました。作品の魅力についてお聞かせ下さい。
篳篥というと、やはり堅苦しいイメージを持たれることが多いのですが、雅楽の楽器だからクリスマスの音楽には向いていないということはありません。篳篥で『ラストクリスマス』や『ホワイトクリスマス』、『サンタが街にやってくる』といった曲を演奏すると果たしてどうなるのか、その楽しさを感じてほしいと思います。

 

例えば、篳篥で演奏したこれらの曲が街で流れたとき「これは何の楽器の音色だろう」とか、「サックスっぽいけれど違う、トランペットかな」とか、聞く人が興味を持ってくれたら面白いなと思います。それが篳篥の音色だと知ったとき「雅楽の楽器はこんな曲も演奏できるのか」と思ってもらえるかもしれません。さらには、日本の文化をもっとよく知ろうと思うきっかけにもなるのではないかと期待しています。

 

316web_mrtogi2

Photo by Alfred Phang

 

―今後の活動の方向性についてはいかがでしょうか。
これからも幅広いジャンルでいろんなことに取り組んでいきたいと思いますが、僕は昔から、あまり具体的な目標は定めないタイプです。例えば、外国で演奏したいと思っていても、ご縁がなければなかなか実現しません。一方でそういったご縁があったとき、いつでも応じられるようにしています。目的意識を持たないことで、目の前に現れるものに対して、すぐに顔を向けられる余裕が生まれます。

 

目標を固めてしまうと、何かご縁があっても、それを排除して自分のゴールに向かおうとしてしまいがちです。ただそれを達成することが、本当に自分にとって最良の選択なのかは、そこに辿り着かないと分からないものですし、そこにしかゴールがないと決めつけてしまうのはもったいないことだと思います。しっかり活動できていれば僕は幸せです。そうした中で、もう一歩踏み出したいと思えるような出会いは必ずあると思います。

 

東儀秀樹さんのサイン色紙を抽選で1名様にプレゼント
316web_signature-r1【応募方法】Eメールで次の①~③について回答のうえ、件名を「東儀秀樹氏サイン色紙プレゼント」として、lucky@mediajapan.sgまでお送り下さい。①お名前(日本語・英語)②携帯電話番号③AsiaXで今後企画して欲しい企画など(複数可)。
応募締め切り : 2017年1月31日(火)
※応募はお1人様につき1通のみとなります。複数応募の場合は無効と致します。お送りいただいた個人情報は、抽選および色紙の発送にのみ使用致します。応募をもってご了承いただいたものと致します。当選の発表は、Eメールでの通知をもって代えさせていただきます。

 

316web_profile東儀 秀樹(とうぎ ひでき)

1959年10月12日生まれ。東京都出身。父の仕事の都合で幼少期をタイやメキシコで過ごす。高校卒業後、宮内庁楽部に入り篳篥や琵琶などを担当。1996年にデビューアルバム「東儀秀樹」をリリースした。音楽にとどまらず、NHK大河ドラマ「篤姫」で孝明天皇役を務めるなど俳優としても活動。また2003年にモスクワ公演を行うなど、海外でも精力的に音楽活動を展開している。2016年には、台湾でのオーディションで選抜した二胡、琵琶、笛子の若手奏者6人と「東儀秀樹 with RYU」を結成、ユニット公演を成功させた。

この記事は、シンガポールの日本語フリーペーパー「AsiaX Vol.316(2017年1月1日発行)」に掲載されたものです。(取材:佐伯 英良)

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXビジネスTOP雅楽師 東儀秀樹さん 海外で「懐かしい」と言われる雅楽、国を超え...