シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXビジネスTOPTokyo Sukkiri 『eco-showerlet』

新商品紹介

2016年5月2日

Tokyo Sukkiri 『eco-showerlet』

独自の清潔機能を搭載した、電力いらず、勢いも十分の水圧式シャワートイレット

自宅のトイレにシャワートイレットを設置したいと思っても日本国外ではあまり普及しておらず、いくつか便座に乗せるタイプのものがあるものの取り付けには手間がかかる。今回は、シンガポールに初上陸したシャワートイレットブランド「eco-showerlet」に注目。より便利で安心、清潔になった最新型シャワートイレットに迫った。

Plasma Advert_web

●清潔感にとことんこだわり、すべてに抗菌素材を使用
便座からフタ、ノズルに至るまでの全てのパーツに、抗菌樹脂を使用。継続的に細菌を抑制する。また、おしりを強力洗浄する「おしりノズル」と、女性のデリケートエリアをやさしく洗う「ビデノズル」は、独自研究による汚れの付きにくい角度にあり、ノズルセルフクリーニング機能も搭載されている。

 

●トイレのデザインやスタイル問わず、約30分で取り付け可能
電力を必要としない水圧式なので電気工事の必要がなく、便器にホースが付いていたり、元栓が壁に埋め込まれていたりするタイプのものでなければ、ほとんどのトイレで簡単に取り付けられる。なお、重量は150キロまで耐えられる設計となっている。

 

 

VOICE FROM STAFF
通常1台500Sドルのところ、現在は288Sドル(設置無料)で提供しているので、従来のシャワートイレットの値段よりお得になっています。日本でシャワートイレットを使い慣れていた方にもきっと喜んでいただけます。
Tokyo Sukkiri(Happy Toilet SG)営業担当:富良(ふら)さん

更に詳しい情報はこちらから

www.facebook.com/washletSG

 

この記事は、シンガポールの日本語フリーペーパー「AsiaX Vol.301(2016年5月2日発行)」に掲載されたものです。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXビジネスTOPTokyo Sukkiri 『eco-showerlet』