シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXビジネスTOPほとんど人にとってWindows XPは必要・十分の機能を持って...

企業IT・システム相談

2007年4月2日

Q.ほとんど人にとってWindows XPは必要・十分の機能を持っており、安定性も悪くない。Windows Vistaへ移行するのはハードウェアを買い換える時だろう。今回は実際に使ってみた感想とこれからハードウェアを買い換えようとしている人向けに買い替え時の注意点をまとめてみた。

Windows Vistaってどう?

用意したハードはWindows Vista Readyとなっているマザーボードに、AMD Athron 64 3600 Dual CoreのCPU、Memory 1GBの構成だ。最初にマイクロソフトが提供しているWindows Vista Upgrade AdvisorというVistaとの互換性を調べてくれるソフトを試してみた。途中でエラーとなる。マザーボードのBIOS、各種ドライバーソフトを最新のものにアップデートして再度実行したがやはり途中でエラー。というわけでいきなりインストール。インストールしたのはすべての機能を含むWindows Vista Ultimate。 インストールを始めて、最初にログインできるまで約40分。ドライバーのインストールはしなくても良さそうだ。その後、インターネットに繋がっていれば自動的にアップデートが行われる。万を期してリリースしたと言っているのに3月16日時点で修正プログラム数は9個。この他にドライバーソフトが1個アップデートされた。インストールはXPよりもはるかに楽だ。だれでもできる。この点は素晴らしい。使ってみるとレスポンスも悪くは無い。画面のデザインもXPよりは好感が持てる。直感的に使えるという点は同感だ。初心者にはXPより分かりやすい。フリップ3Dも使ってみた。見たいWindowが一目で分かるのは便利だ。これからパソコンを買おうという人にはサポート期間のこともあるのでVistaがお勧めだ。

 

WindowsXPと比べて何が変わったの?

第一のポイント。重たくなった。XPでは標準のメモリサイズは256MBだった。Vistaでは4倍の1GB。グラフィックも性能の高いものが要求される。利点としては、より使いやすいユーザインターフェース、インストールのしやすさ、より安定した動作、より高いセキュリティ機能などが上げられている。セキュリティについては、スパイウェア検出用のソフトが標準で組み込まれている。詳しく知りたい人は、「ASCII24 / Specials【特集】ここが変わったWindows Vista 100連発!」を参照されたい。

 

Vistaも種類があるけどどれを買えばいいの?

お金のある人はUltimate。すべての機能が入っている。会社で使う場合やノートブック型で自宅と会社両方で使うという方はBusiness。自宅でしか使わない人はHome Premium。

 

ハードを買うときの注意は??

中心となるのはCPU(中央処理ユニット)だ。主なメーカとしてIntelとAMDがある。Intel製ならCore 2 Duoと呼ばれるものがお勧めだ。Pentium Dというものもあるが、このシリーズには消費電力が大きい割には性能がでないものがある。AMDならAthron 3800以上のDual Coreのものがよいだろう。メモリは同じ容量のものを2枚ペアで入れた方が1枚しか入れないときよりも若干性能が上がる。合計で1GB以上必要だ。1GBなら512MBのメモリを2枚入れる。ハードディスクはシーゲート製がお勧めだ。日本のパソコンメーカの多くが採用している。デスクトップならブランド品よりもホワイトボックスと呼ばれるタイプが私は好きだ。店で部品を指定して組み立ててもらう。自分で組み立てても良い。小学校高学年の子ならできるだろう。将来、一部の部品だけ交換して性能を上げられる。ブランド品でもそうだが、信頼できるお店で買うことが重要だ。

 

何時買えばいいの?

数々の問題修正プログラムをまとめたサービスパックと呼ばれるものが出てからの方がよいと一般には言われている。特にビジネスで使用する場合は、もう少し待った方が良いだろう。

 

Vistaでの文字コードの変更について

出版、広告関係でWindows Vistaを使う人は一部の漢字の書体がXPと異なるので注意しよう。これはVistaがJIS2004に対応(XP以前ではJIS90)したためである。影響を受ける文字には、噌、葛、祇、捗、噂(Vistaでは異なる書体となる)等がある。JIS第一水準だけでも漢字2965字中116文字が影響を受けている。

 

この記事は、シンガポールの日本語フリーペーパー「AsiaX Vol.095(2007年04月02日発行)」に掲載されたものです。
取材協力=ヒューミント 川田康廣
本記事は一般的情報の提供のみを目的として作成されており、個別ケースについて、正式な助言なく、本情報のみに依存された場合は責任を負いかねます。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXビジネスTOPほとんど人にとってWindows XPは必要・十分の機能を持って...