シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXトラベルTOPデサルーの自然体験

マレーシア

2004年7月20日

デサルーの自然体験

01

シンガポールからの安・近・短な旅

日通旅行は「シンガポールから安・近・短」をモットーにしております。これは、日本とは環境の違う当地で、ストレスが溜まりがちな駐在員の皆様やご家族に気軽なストレス発散と、シンガポール駐在中の心に残る思い出づくりの場を提供できないかという思いから考えついたものです。同業他社の皆様が手がけたがらない薄利の近場旅行や、旅行条件は少々厳しいですが、シンガポールの当地旅行会社が主催する旅行なら予算も少なく気軽にお出かけいただけると考え、皆様にご紹介して行きます。

さて、来たるホリデー・シーズンのご旅行先に「ザ・近場」と銘打って、第一弾「デサルーの自然体験」を発表致しました。シンガポールからわずか45分の地に豊かな自然が残っています。日本では蛍を見たことの無い子供たちが沢山います。シンガポール在住の方にもいらっしゃるのではないでしょうか。デサルーでの蛍狩りでは、蛍以外に幻想的な夜光虫を見ることが出来ます。川面をかき混ぜるだけできらきら光ります。ご家族で是非体験していただきたいと思います。その他、シブ島ツアー、イルカツアー、ゲンティン・ハイランド・ツアー等、安くて楽しめるツアーをどんどん発表して行きます。

シンガポールで27年の信頼と実績を持つ日通旅行。日本より日本らしいサービスを笑顔で皆様に提供していきます。

「安・近・短」な旅で、ご家族の素敵な思い出を作りませんか?

 

行ってきました、デサルー

ECPを降りてタナメラ・フェリーターミナルの曲り角を通りすぎ、空港を左に見ながらさらに進むと、チャンギ・フェリーターミナルがある。ここから10時発のフェリーでデサルーまで約45分の船の旅。パスポート・コントロールもアッという間に終わるので、子供連れには嬉しい限り。ちなみにパーキングも無料。

デサルー・フェリーターミナルにはホテルの出迎えのバス。約30分でホテル到着。9時頃に家を出て、11時半にはもうホテル。とにかく待ち時間が少ないのがいい。

ホテル・ライフ

02まずは腹ごしらえ。マレー風焼きソバをいただく。かなり辛いがとてもおいしい。子供たちはキッズメニューのフィッシュ&フライをおいしそうにほおばっている。お値段もホテルにしてはリーズナブル!

部屋は広い。シングルベッドが横に4つ入る。ひとつはエキストラベッドだが、それにしても十分なスペース。ベビーベッドも借りられるそうだ。ただ、ちょっと湿った臭いが・・・。

ビーチ

03「やっぱ、ビーチ&プールでしょ」とばかりにさっそく着替えてビーチに飛び出した子供たち。人影も少なくのんびりできる。陽射しは強いが……。海は波がかなり高く、ドボンと深くなってる様子なので、泳ぐというよりは波打ち際で遊ぶのが無難。バナナボートなどのアクティビティにはGood。木製のビーチチェアーに寝そべって子供の遊ぶ姿を眺めるのはマル。

プール

04子供たちのお気に入りはウォーター・スライダー。小さいがそれなりに楽しめるらしい。4歳の息子もキャーキャーと大はしゃぎ。一応、大人も滑れる……。プール全体の広さも深さもマル。プールサイドに並べられたチェアーもマット付でなかなかよい。部屋のキーと一緒にプール用のバスタオルを貸してくれる。

夜の楽しみは何といっても蛍

05ロビーに8時集合。バスで夜道を走ること約20分、船着場に到着。カブトガニの水槽を横目にライフ・ジャケットを装着。河岸に茂る樹の下を行く小船。いないねぇ~、ホタル。と思っていると、チラチラ光るもの発見!「ホタルだよー」の叫び声に、船頭さんが樹に水をパシャパシャ。な、なんと!樹はアッという間にクリスマス・ツリーに変身! いたんですね、たくさんのホタルが。水中にも光るもの発見。これから先はヒ・ミ・ツです。

06周辺の遊び場―ゴルフ・フルーツ狩り

ホテルの外にも遊ぶところ発見。お父さんにはゴルフ場もあります。また、トロピカルフルーツ好きのあなたにはフルーツ・ファーム。

お疲れさま~

ちょっと一泊のデサルー旅行もいよいよ終わり。2時半、ホテル・ロビーに集合。バスでフェリー・ターミナルに向かい、3時半のフェリーでいざシンガポールへ。帰りのフェリーは行きより速い?

お父さんの運転する車に乗って、5時前にはイースト・コーストの我が家に帰り着きました。

提供:日通旅行

この記事は、シンガポールの日本語フリーペーパー「AsiaX Vol.003(2004年07月20日発行)」に掲載されたものです。
文= 日通旅行

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXトラベルTOPデサルーの自然体験