シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXトラベルTOP星降る島で海三昧の休日「トレンガヌ州・レダン島」

マレーシア

2010年5月3日

星降る島で海三昧の休日「トレンガヌ州・レダン島」

top

シンガポールでの忙しい日常を、ちょっとだけ脱出して気分転換――そんな“ウィークエンド・エスケープ”にピッタリの場所をご案内。

 

マレーシア東海岸随一の美しいビーチ・レダン島

マレーシア東海岸でもひときわ海が美しい北東部の沖合い約45kmに浮かぶレダン島は、東西約5km、南北約8kmの小さな島。長らく漁村の小島だったが、1980年代から開発が進み、1991年には国の海洋保護地域に指定されて周辺の海域とともに自然保護にも力が入れられるようになった。2000年に公開された香港映画『Summer Holiday』の舞台になって、一躍海外からも注目を集めることに。珊瑚礁に囲まれた島ならではのきめ細かいパウダーサンドが広がる白い砂浜と、青い海、広い空、緑の木々に囲まれた自然豊かな環境は、ヨーロッパをはじめ世界中から訪れる人々を魅了している。

p1東海岸側のリゾートが立ち並ぶパシパンジャンビーチ(ロングビーチ)をはじめ、コンディションが良いレダン島のビーチにはウミガメが産卵にやって来る。アオウミガメの上陸は3月~12月でピークは8月、ヒメウミガメとマイタイは1月~9月でピークは5月。レダン島のベストシーズンである5月~8月はウミガメに遭遇できる可能性も高い。

 

レダン島への行き方

ベルジャヤ航空によってシンガポール・セレター空港から毎日往復1便が運行されている。シンガポールからレダン島までの飛行時間は約1時間15分。最近新しい機種(ATR 72-500)が導入され、より快適な空の旅が楽しめるようになった。

昼と夜で違う楽しみ・シュノーケリング

レダン島の一番の宝は島の周囲に広がる珊瑚礁。まずはシュノーケリングで海中散策を楽しんでみよう。島南部のマリンパークをはじめ、子供でも安全に遊べるポイントがいくつかあるので、家族でも気軽にトライできる。水の透明度が高く、視界いっぱいに色鮮やかな熱帯魚の群れが泳ぎ回る様は壮観。
また、海が美しいレダン島ならではの楽しみがナイト・シュノーケリング。暗い闇が広がる海の中でもインストラクターと一緒に行動すれば大丈夫。水中ライトで照らしてみると、珊瑚礁の間で眠っている熱帯魚や、海面付近を浮遊する小さな小さなエビなど、昼間とは違う海の景色が見られる。水から顔を上げて仰向けになってみると、空いっぱいに満天の星が瞬いている。海の上で大自然の夜の姿を存分に満喫しよう。

ボートで島巡り、夕日を見ながらサンセットクルーズ

p2レダン島では、各リゾートが所有するボートでの島巡りツアーのほか、島内各所で小型ボートをチャーターできる。岸からかなり離れた所でも水底がクッキリ見えるが、実は水深5~10メートル程ある。海草を目当てにやって来たウミガメの姿もはっきり見える。
また、日没の時間にあわせて海に出て、夕日を眺めながらのサンセットクルーズを楽しむのもおすすめ。

レダン島のアクティビティ、いろいろ

p3レダン島ではほかにもグループで楽しめるビーチフットボールやビーチバレー、ジャングルトレッキング、マレー語講座、マレー料理教室などのアクティビティがある。スキンダイビングやナイトダイビング、PADIダイビングインストラクター養成コースなど専門性の高いプログラムもあるので、滞在先等に問い合わせてみよう。

 

プライベートビーチでのんびり快適に過ごす

ベルジャヤ・レダン・リゾート

p4

 

ベルジャヤ・レダン・リゾートは、レダン島北部の大きな入り江の真ん中に位置する。部屋はビーチ沿いに立ち並ぶシャレーと、小高い丘の上に建つコンテンポラリースタイルと大きくふたつのタイプ。2009年にリゾート全体の改装を終えたばかりで、どの建物もシンプルかつモダンなインテリアで落ち着いた雰囲気。

食事は、マレー料理を中心に世界各国の料理が並ぶブッフェスタイルのレストラン「パームズ・レストラン」か、ウェスタン、日本、インドというちょっと変わった組み合わせのメニューが揃った「ビーチ・レストラン」でアラカルトメニューが楽しめる。

 

p5リゾートの目の前にあるテルックダラムビーチ(Teluk Dalam、マレー語で「入り江の中」)はリゾート滞在者だけのエクスクルーシブな空間。今年はこのビーチで4月中旬までに既に2回ウミガメの上陸が確認された。それ以前は5年間で1回確認されたのみだという。レダン島では、ウミガメの卵は島内の保護センターで管理し、卵が孵ると赤ちゃんウミガメをビーチで放す。ベルジャヤ・レダン・リゾートでは、里親を募集し、里親の手でウミガメを放すプログラムを計画。里親にはウミガメの所在地を時々知らせるという。ウミガメは、自分が生まれたビーチに戻ると言われており、早ければ5年後には親として戻ってくる。その時にリゾートを訪れたら、自分が放したウミガメと再会できるかもしれない。

 

ベルジャヤ・レダン・リゾート Berjaya Redang Resort

P.O. Box 126, Main Post Office,
20928 Kuala Terengganu, Terengganu, Malaysia

 

この記事は、シンガポールの日本語フリーペーパー「AsiaX Vol.166(2010年05月03日発行)」に掲載されたものです。
文= 石橋雪江

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXトラベルTOP星降る島で海三昧の休日「トレンガヌ州・レダン島」