シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXトラベルTOP思いっきりのめり込むツェチュの魅力

ブータン

2012年7月16日

思いっきりのめり込むツェチュの魅力

p01

ブータンのツェチュとは……?

ブータン仏教は、 チベットより伝わって来ました。チベット仏教は、ゲルグ派、カギュ派、サキャ派、ニンマ派の4大宗派で知られています。ブータンへ伝わり広まった仏教は、グル・リンポチェ(パドマサンババ)開祖のニンマ派の流れを組むドゥク派です。

ブータン各地のゾン(政府機関と宗教施設の複合施設)にて行われるツェチュは、このニンマ派開祖である「グル・リンポチェ」を敬い加護を願う祭とされています。

ツェチュの大きな特徴は、全ての準備・構成・演者が僧侶によって進行されることです。仏教の教えを仮面舞踏(リクマ・チュドなど仮面を付けない舞踏もあります。)によって表現するのも、仏教楽器を奏でるのも、静かにゆっくりした仏歌のコーラスも全て僧侶によるものです。

僧侶中心に行われるツェチュは、行われるゾンや寺院によって異なりますが、3日間から5日間続きます。それぞれの日にそれぞれ異なった仮面舞踏によって仏教の教えを来参者に伝える儀式とも言えます。ゾンとは城塞建築物のことで、現在県関連の施設として使われています。

 

特色あるツェチュの仮面舞踏は……?p02

特に「チャム」と呼ばれている仮面舞踏は代表的なものと言えます。鹿のような2本の大きな角のある動物の仮面を付け、激しく飛び跳ねダイナミックに踊るのですが、これは、悪霊の持つ強い力を封じ込める踊りです。人々へ悪に惑わされず、正しい道を歩んでいくようにと言う仏法が説かれています。

 

ツェチュの楽しみは……?

p03

 

p04ツェチュ時、ブータンの人達は、持っている民族衣装の中でも一番良い一張羅をまとい、昼食やおやつ用の食べ物とポットにお茶を用意し、それらを大きなかごに入れ、家族、親戚、友人と共にツェチュの行われているゾンへ向かいます。そして、大人も子供もハレの日を思いっきり楽しみます。なお、「ツェチュ」日は、ブータン暦が基本となりますので毎年変動致します。

 

ブータン最大のツェツュ「パロ・ツェチュ」

p05空港があるブータン第2の都市パロのパロ・ゾンにて行われる「パロ・ツェチュ」は、毎年3月下旬から4月初旬の5日間行われ、ブータン・ツェチュの中で最大となります。5日目最終日の吉祥時間には、大曼荼羅のご開帳(トンドル)が行われます。

大曼荼羅のご開帳が始まると、夜明け前の深閑とした中、静かなどよめきと共にそこここで数珠を手繰りながら、マニ車を回しながら、合掌しながら、祈りの声が聞こえてきます。

p06今年(2012年4月6日)のご開帳吉祥時間は午前03:30~08:30でした。しかし、ブータンの人たちが大曼荼羅に額づき祈るため長蛇の列が出来、大曼荼羅は午前10:00近くまでご開帳されていました。

 

2013年のパロ・ツェチュ

3月23日(土)、24日(日)、25日(月)、26日(火)、27日(水)

 

首都ティンプー/王宮近くで行われるティンプー・ツェチュ

p07「ティンプー・ツェチュ」は、ブータンの首都ティンプーのタシチョ・ゾン(国王の執務室及びブータン仏教界最高機能施設)の新しく作られたツェチュ用の広場にて、毎年9月中旬~10月初旬の3日間行われます。以前は、タシチョ・ゾンの中庭で行われていましたが、来参者が多くなり手狭となったため、タシチョ・ゾンに隣接しツェチュ用の広場が作られました。

国王をはじめロイヤルファミリーの方々もお出でになります。気さくな国王で知られる第5代ジグメ・ケサル・ナムゲル・ワンチュク国王は、時として来参者の間を歩きながらお声をかけられる姿も見受けられます。

 

p082012年のティンプー・ツェチュ

9月25日(火)、26日(水)、27日(木)

2013年のティンプー・ツェチュ

9月14日(土)、15日(日)、16日(月)

 

仏教伝来の聖地中央ブータン/ブムタン地方のツェチュ

p09パロやティンプーのように都市で行われる大掛かりな「ツェチュ」は、僧侶が全てを準備・進行することが通常ですが、ブムタン地方で行われる「ツェチュ」は、僧侶のみでは人手が足りませんから、地元の信者の方々も協力して行われます。

ブムタン地方で代表的な「ツェチュ」は、10月下旬~11月初旬の5日間、パロのキチュラカンと並びブータン最古の寺院とされるジャメラカンで行われる「ジャメラカン・ツェチュ」です。「ジャメラカン・ツェチュ」では、ツェチュが行われている周辺にて都市では見られない地方色のある素朴な情景も垣間見ることが出来ます。

「メラ」と呼ばれるブルーシートなどで覆われた屋台風のいろいろなお店など、ツェチュと共にブムタン地方ならではの村の雰囲気や村人の素朴な生活感なども興味の対象となるでしょう。そして、ブムタン地方は、織物の産地でもあり、昨年ご結婚された王妃の出身地でもあり、王妃が身につけられているキラ(女性の民族衣装)の中には、ブムタンの手織りキラも含まれているのです。

 

p102012年のジャメラカン・ツェチュ

10月29日(月)、30日(火)、31日(水)、11月01日(木)、02日(金)

2013年のジャメラカン・ツェチュ

10月18日(金)、19日(土)、20日(日)、21日(月)、22日(火)

「ブータン・ツェチュ三昧」シリーズおすすめツアー

思いっきり「ティンプー・ツェチュ(2012年)」にのめり込もう!!

思いっきり「ブムタン地方・ツェチュ(2012年)」にのめり込もう!!

ブータン王国へのご旅行お申し込み・お問い合わせはこちらへ


 

ツアー提供
日通ペリカントラベルネット・ブータン店

 

所在地 : P.O.Box No.680, Druk Tshering Jong Building 3rd Floor, Changlam, Thimphu, Bhutan
電話 : +975-2-332218
FAX : +975-2-332420
Email : bhutan-info@pelican-travel.net

※お問い合わせはこちらから

 

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXトラベルTOP思いっきりのめり込むツェチュの魅力