シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXトラベルTOPボートクルーズとアンコール遺跡で童心に帰る休日「シェムリアップ」

カンボジア

2012年6月18日

ボートクルーズとアンコール遺跡で童心に帰る休日「シェムリアップ」

p01


東南アジア最大の湖トンレサップ湖

p02カンボジアが誇る世界遺産、アンコール遺跡群があるシェムリアップは、内陸の町のため海はない。その代わり?にあるのが東南アジア最大の湖、トンレサップ湖だ。

「伸縮する湖」と言われ、雨季の時期には日本の琵琶湖の10倍にもなる巨大な湖では、水上で暮らす人々の生活やカンボジアの自然をまじかで見る事が出来る。

ボートに乗って湖に出ると、対岸が見えないほどはてしなく広がる景色と、風が心地いい。のんびり、ゆっくりとした水上生活の気分で、忙しい日々の生活も忘れてしまう。

 

トンレサップ湖おすすめの楽しみ方

その1 : コンポンプルックのボートクルーズ

Screen Shot 2015-06-18 at 2.59.25 pm

通常のトンレサップ湖クルーズも楽しいけれど、コンポンプルックからのクルーズもおすすめ。ここでは人々は雨季の時期に備えて、高床式住居で生活している。乾季の時期は陸地となるので普通の村の生活と変わりないが、雨季の時期は湖が村まで広がってくるので、水上生活となる。

雨季の時期はボートでマングローブの森の中を進む事もでき、ちょっとした探検気分を味わうのもおもしろい(乾季の時期は水が少ないため為、催行不可)。


その2 :
ボートの上から湖に沈むアンコールの夕日を眺める

p05カンボジアでサンセットと言えば、遺跡からサンセットを眺めるスポットとしてプノンバケンが1番メジャーだが、トンレサップ湖から見るサンセットもおすすめ。湖に移る夕日は本当に素晴らしい。ボートの上から夕日を眺めるサンセットクルーズも楽しめる。


その3 :
気球で上空から見るアンコール遺跡

p06アンコール遺跡観光では、アンコールバルーンと呼ばれる気球に乗船して、上空からアンコール遺跡を眺める事も出来る。特にサンライズ、サンセットの時間は人気が高い。アンコールワットを上空から写真撮影をするなら午後がおすすめだが、雨季(4~10月)の時期は天候により、午後は運行中止となる事が多いので注意が必要。

 

アンコール遺跡群の町 シェムリアップ

p07アンコール遺跡群の観光拠点となる町、シェムリアップ。アンコール遺跡を見ようと世界各国から観光客が訪れる。年々開発が進み、町の様相もどんどん変化を続けている。乾季(11~3月)と雨季(4~10月)では観光客の差が激しく、ゆっくりのんびり過ごしたいなら雨季がおすすめ。

 

p08

カンボジアと言ったら何はともあれアンコール遺跡。

 

p09

アンコール王朝歴代の王が都城を築き、数々の遺跡が残る。

 

p10

その壮大な世界観は見る者を釘付けにし、虜にしてしまう。

 

心和む笑顔に出会える場所

カンボジアの人々の笑顔は最高!満面の笑顔で話し掛けられるとホッと心が和んでしまう。ぜひカンボジアに来て、とびきりの笑顔と出会いませんか?

 

p11

 

古き良きカンボジアの雰囲気が漂う

ビクトリア・アンコール・リゾート&スパに泊まる

館内は木々がふんだんに配され、南国リゾート気分満点。カンボジアの伝統的な建築スタイルとフレンチコロニアルスタイルがマッチし、フランス統治時代を思わせる造りはどこか古き良き時代を感じさせてくれる。緑豊かな空間と落ち着いた雰囲気は遺跡観光で疲れた身体をリラックスさせてくれる。

本格フレンチが楽しめる「ル・ビストロ・ドゥ・シェムリアップ」や「レスカール」などレストランも充実。カンボジア料理に飽きてしまった時は利用してみてはいかが?

 

p12

トンレサップ湖とアンコール遺跡を満喫するツアー

雨季限定!コンポンプルックとアンコール遺跡を満喫3日間

かなりディープに遺跡探訪したい方

◆もっとディープに遺跡探訪◆バイヨン寺院とアンコール遺跡群★4日間

(2012年5月~2012年9月)

カンボジアへのご旅行お申し込み・お問い合わせはこちらへ


 

 

ツアー提供
日通ペリカントラベルネット・カンボジア店

 

所在地 : No.134, Stung Thmey Village, Khum Svay Dangkum, Siem Reap, Cambodia
電話 : +855-63-963-707
FAX : +855-63-963-708
Email : cambodia-info@pelican-travel.net

※お問い合わせはこちらから

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXトラベルTOPボートクルーズとアンコール遺跡で童心に帰る休日「シェムリアップ」