シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP住友倉庫、西部で国内3棟目の倉庫完成

日系企業

2019年7月11日

住友倉庫、西部で国内3棟目の倉庫完成

 
 住友倉庫は7月9日、西部のトゥアス地区で新倉庫が完成したと発表した。現地法人のシンガポール住友倉庫が建設を進めていたもので、同社の倉庫は3棟目。石油化学分野の倉庫需要を取り込む。また、定温庫(15〜25度)を備えて取扱貨物の多様化に対応する。
 
 新倉庫は鉄筋コンクリート造の5階建てで、延べ床面積1万1006平方メートル。5月末に完成し、今月4日に竣工(しゅんこう)式を行った。同社の倉庫はいずれもトゥアス地区にあり、新倉庫の稼働で合計の面積は4万1000平方メートルに拡大した。
 
(提供:亜州ビジネスASEAN

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP住友倉庫、西部で国内3棟目の倉庫完成