シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPシンガポールから車両を使っての入国、10月から入国許可タグが必要

その他

2019年4月26日

シンガポールから車両を使っての入国、10月から入国許可タグが必要

 
 運輸省は4月25日、外国人が外国に登録の車両を用い陸路、入国する場合、車両入国許可(VEP)を義務付けた法律条項を10月1日から施行すると発表した。
 
 10月1日から適用を受けるのはシンガポールからコーズウエーまたは第2リンクを利用し入国する車両。VEP発行機関は陸運局(RTD)で、専用のウェブサイトから申し込み、無線自動認識(RFID)タグの交付を受け、ジョホールバルの指定の場所で据え付けてもらう。タグのない車両は10月1日以降、マレーシアに入国できない。
 
 マレーシアとタイ、ブルネイ、インドネシアとの国境での施行日は未定。VEPの有効期間は5年。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPシンガポールから車両を使っての入国、10月から入国許可タグが必要