シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP日本製紙、軟包装加工のTPプラを買収

日系企業

2019年4月18日

日本製紙、軟包装加工のTPプラを買収

 
 日本製紙は15日、ペラ州のフィルムパッケージ加工大手TSプラスティックス(TSP)を買収したと発表した。先月末に株式70%を取得。経済成長を続けるアジア市場で事業拡大を図る。
 
 買収はパッケージ事業に力を入れる日本製紙の経営戦略の一環。今後はTSPが持つ軟包装分野の技術ノウハウと顧客基盤をベースに、日本製紙の技術開発力とグループ販売網を活用して事業を展開する。日本製紙がパッケージの“紙化”を推進していることから、TSPを拠点に新たな紙包材の開発にも取り組む。
 
 TSPは1996年設立。資本金は203万リンギ(約5500万円)で、年商は20億円規模。株式の残り30%は現地企業のTSキャピタルリソーシズが保有する。
 
(提供:亜州ビジネスASEAN

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP日本製紙、軟包装加工のTPプラを買収