シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP2月の鉱工業生産1.7%増、製造・電力が減速

経済・統計

2019年4月12日

2月の鉱工業生産1.7%増、製造・電力が減速

 
 マレーシア統計局が11日発表した2019年2月の鉱工業生産指数(IPI)は、前年同月比で1.7%上昇した。上昇率は前月の3.2%から減速。製造業(3.7%)が前月の伸びを0.5ポイント下回ったほか、電力(4.9%)が2.9ポイント低下した。一方、鉱業(マイナス0.5%)は、前月から下げ幅が0.4ポイント縮小している。 
 
 製造業では、石油・化学・ゴム・プラスチック製品(1.6%)の上昇率が前月から2.4ポイント低下。このほか、繊維・衣料・革製品・靴(3.6%)が1.8ポイント低下し、電子・電気製品(3.1%)は0.8ポイント下回った。一方、飲料・タバコ(6.3%)は3.7ポイント上昇。自動車も(7.1%)と0.8ポイント伸びている。
 
■製造業売上高5.5%増
 
 統計局が同時に発表した19年2月の製造業売上高は、前年同月比5.5%増の658億リンギ(約1兆7800億円)だった。輸送機器・その他が9.1%増、電気・電子製品が5.7%増と、全体平均を上回る伸びだった。製造業の従業員数は2.0%増の108万7120人。支払われた労賃は、7.2%増の40億2860万リンギ(1人当たり3706リンギ)だった。
 
(提供:亜州ビジネスASEAN

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP2月の鉱工業生産1.7%増、製造・電力が減速