シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP田辺三菱製薬が販社設立、ベトナムには事務所

日系企業

2019年3月21日

田辺三菱製薬が販社設立、ベトナムには事務所

 
 田辺三菱製薬は20日、クアラルンプールに販売子会社を設立したと発表した。また、ベトナムには駐在員事務所を設置。成長が続く東南アジアで収益拡大と販売基盤強化を図る。
 
 クアラルンプールでは子会社のミツビシ・タナベ・ファーマ・マレーシアを設立した。資本金は500万リンギ(約1億3600万円)。東南アジア事業を統括するミツビシ・タナベ・ファーマ・シンガポールが出資した。医薬品の輸入・販売、新製品の登録などを行う。ベトナムでは、自社販売の準備を進めるため事務所を設けた。
 
 東南アジアではほかに、インドネシアに製造子会社、タイに販売子会社を設けている。
 
(提供:亜州ビジネスASEAN

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP田辺三菱製薬が販社設立、ベトナムには事務所