シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPタンチョン昨年度は黒字に好転、ベトナムで工場増設

経済
日系企業

2019年2月26日

タンチョン昨年度は黒字に好転、ベトナムで工場増設

 
 日産車を組立生産・販売しているタンチョン・モーター・ホールディングスが25日発表した2018年度決算は、2年間続いた赤字から転換し、1億254万リンギ(約27億9,216万円)の黒字を計上した。内外市場での自動車販売台数の増加が貢献した。売上高は前年度比11.9%増の48億6,000万リンギ(約1,323億円)だった。
 
 自動車部門の利払い・税引き・償却前利益(EBITDA)は217%増の約3億リンギ(約81億6,900万円)。外為差益、コスト抑制による利益率の改善も貢献した。金融サービス部門では自動車ローン残高が増加した。
 
 第4四半期(10-12月)の純利益は5,155万リンギ(約14億円)、売上高は前年同期比8.3%増の11億6,000万リンギ(約315億8680万円)だった。
 
 ベトナム国営ニュースによると、タンチョンのベトナム法人、TCIEベトナムは中部ダナンのホアカイン工業団地に乗用車組み立て工場を増設する。投資額は5,000万米ドル(約55億4150万円)。TCIEは日産サニー、SUV(スポーツ用多目的車)のエクストレイルを生産している。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPタンチョン昨年度は黒字に好転、ベトナムで工場増設