シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP建設大手ガムダの高速道権益、政府が取得交渉へ

建設

2019年2月25日

建設大手ガムダの高速道権益、政府が取得交渉へ

 
 政府は建設・不動産大手ガムダが持つ高速道路の権益取得に向け、交渉を開始した。現政権が昨年5月の総選挙で公約に高速道無料化を段階的に進めることを掲げており、これを実現させるものとしている。ザ・スター・オンラインが23日付で伝えた。

 
 政府は、権益の取得を終えた後、現行の料金徴収システムを変更する方針。ピーク時の6時間に通行した場合に「渋滞税」として徴収する形式にするとしている。一方、午後11時から午前5時は通行が無料。ピーク時以外のその他の時間には渋滞税を3割引きにするとしている。

 
 また徴収した料金は、高速道の運営費や維持費、運営会社の債務返済に充て、余剰金はバスなど公共交通の拡充に振り向ける。詳細は財務省が今後発表する。

 
(提供:亜州ビジネスASEAN
 

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP建設大手ガムダの高速道権益、政府が取得交渉へ