シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP労働者の資格に関する統計を発表、教育水準が上昇

経済

2017年12月21日

労働者の資格に関する統計を発表、教育水準が上昇

【プトラジャヤ】モハメド・ウジル統計局長は19日、2010年と15年を比較した、経済分野の国勢調査の結果を発表した。労働者の教育水準が上がっており、中等学校修了試験(SPM)か職業訓練学校における訓練プログラムの修了証(SPMV)取得までの教育水準の労働者数は、10年の240万人に対し15年は210万人で、年2.8%の減少だった。

 

 SPM、SPMV以上の教育水準の労働者は同期間、290万人から370万人に、年5%のペースで増加した。

 

 最大の増加率だったのは高等学校修了者で、98万人余りから190万人に年14.6%増加した。学士取得者は53万9,000人に年9.7%増加。また大卒後の資格取得者は8万7,000人に同8.5%増加した。

 

 民間セクターで働く労働者(15年実績)は870万人で、67.7%に当たる590万人が男性、280万人が女性。

 

 全体の61.9%は半熟練労働者で、熟練労働者は23.5%、低技能労働者は14.6%だった。

 

 分野別内訳は、サービス業の就労者が54.9%に当たる480万人、製造業が210万人(24.3%)、建設業が130万人(14.8%)、農業が40万人(5.1%)、鉱業が8万人(0.9%)だった。

 

出典:マレーシアBIZナビ

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP労働者の資格に関する統計を発表、教育水準が上昇