シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPゼネラル・エレクトリックの人員削減、シンガポール業務でも

経済

2017年12月14日

ゼネラル・エレクトリックの人員削減、シンガポール業務でも

世界的コングロマリット、米ゼネラル・エレクトリック(GE)の人員削減計画がシンガポールにも及び始めた。GEは最近、電力部門で1万2,000人を全世界で削減すると発表した。再生可能エネルギーなどへのシフトで、火力発電所に使われるガスタービンの需要減が理由だ。独シーメンスも6,000人規模の削減計画を発表している。

 

GEはシンガポールで3月から余剰人員の整理に着手したもようだ。削減前は石油・ガス、運輸など8部門で3,600人を雇用していた。

 

解雇通知を受け既に会社を去った従業員もおり、年末までに数百人が整理される見通しだ。

 

GEグループのリストラクチャリングは7月まで最高経営責任者(CEO)だったイメルト氏が2015年に着手。金融サービス部門を売却する計画を発表した。

 

8月にCEOに就任したジョン・フラナリー氏は投資家に「より小さな会社を目指す」と表明。航空、医療、エネルギーに業務を絞る意向を示した。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPゼネラル・エレクトリックの人員削減、シンガポール業務でも