シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP自転車シェアリングのオーバイクで個人情報流出

社会

2017年12月8日

自転車シェアリングのオーバイクで個人情報流出

シンガポール発の自転車シェアリング、オーバイクでユーザーの個人情報の流出が14カ国であった。同社はセキュリティーを見直す。

 

氏名、電話番号、電子メールアドレス、乗車場所など暗号化されていないユーザーデータがオンラインで入手できるとドイツの公共放送「バイエルン放送」が報じ、情報の流出が明らかになった。

 

オーバイクの広報部はメディアの取材に対し、2週間前に問題の発生を認識し、対策を講じたと回答した。情報が流出したのは数人のユーザーで、またクレジットカード情報やユーザーのパスワードはアプリケーションに保存されていないため、流出はなかったという。

 

流出の原因になったのはアプリケーション・プログラミング・インターフェース(API)。APIはソフトウエアコンポーネントが互いにやりとりするのに使用するインタフェースの仕様で、ソフトウエアの一部をウェブ上に公開することによって、誰でも外部から利用することができる。そこが抜け穴となって情報が流出した。

 

オーバイクは1月、シンガポールでサービスを開始。メルボルン、ロンドンにも進出している。ライバル会社のオーフォーは個人情報を一切、集めていない。シンガポールではほかに、モーバイクがシェアサービスを提供している。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP自転車シェアリングのオーバイクで個人情報流出