シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPAI、データ解析に伴う倫理上の問題、金融庁が意見募集

IT

2017年11月28日

AI、データ解析に伴う倫理上の問題、金融庁が意見募集

金融機関による人工知能(AI)やビッグデータ解析の利用が増大するなか、倫理上の問題が浮上する可能性が指摘されており、シンガポール金融管理庁(MAS)は金融機関から意見の聴取を開始した。いずれ監督の指針としてまとめる見通しだ。

 

AIや機械学習の利用で、より効果的なマーケティング手法が可能になるが、将来の可能性を履歴データに基づいて特定する予測分析を利用すると、強引な売り込みや排斥を招く恐れがある。

 

銀行はAIやデータ解析を取り入れ成果を上げている。OCBC銀行ではマーケティングに仮説検定を利用していた時の成功率は1.5%だったが、現在利用しているリアルタイムマーケティングでは平均20%の成功率を達成している。

 

金融技術業者の協力を得て銀行取引のデータを分析した際には、疑わしい取引を突き止める精度は4倍になった。

 

大華銀行(UOB)ではUOBカードを利用した1日数千件の外食の傾向を調べ、カード利用者の好み、居場所に応じた外食の提案を行っている。

 

会計事務所PwCのジャンセン氏は、個人の特質あるいは遺伝子を根拠に何らかの枠組みから個人が排斥される可能性があり、一例として特定の人が医療保険に加入できない、といった結果をAIは招く可能性があると指摘した。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPAI、データ解析に伴う倫理上の問題、金融庁が意見募集