シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP昆明ーシンガポール鉄道、マレーシア企業に参画の機会

社会

2017年11月13日

昆明ーシンガポール鉄道、マレーシア企業に参画の機会

【クアラルンプール】中国の昆明とシンガポールを結ぶ3,000キロの鉄道計画「アジア鉄道ネットワーク」について、香港上海銀行(HSBC)マレーシアのムクタル・フセイン最高経営責任者は、中国による投資でマレーシア企業にも受注機会が生じるとの認識を示した。

 

同ネットワークは中央ルートと東西各ルートの3路線で構成される。バンコクからシンガポールへの部分は既に運行されているが、高速鉄道が計画されている。中国は同ネットワークを一帯一路構想に含めている。

 

ムクタル氏は「マレーシアにおける鉄道整備では、地勢をよく知るマレーシア企業が必要だ。HSBCとしてはプロジェクト融資の面で参加を希望している」と述べた。

 

同ネットワークの完成目標年は2026年。長期にわたる大規模事業のため、資金調達はスクーク(イスラム債)が適切だという。

 

出典:アジアインフォネット

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP昆明ーシンガポール鉄道、マレーシア企業に参画の機会