シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP経営難のマルコ・ポーロ・マリン、著名実業家9人が救済に名乗り

経済

2017年11月10日

経営難のマルコ・ポーロ・マリン、著名実業家9人が救済に名乗り

原油急落による上流部門の不振で経営難に陥っているマルコ・ポーロ・マリンに対し、著名実業家9人が出資に同意した。計約50億円を出資する。マルコ・ポーロは債務約220億円を抱えており、債権者には日系金融機関も名を連ねている。

 

ショーン・リー最高経営責任者(CEO)は、経営再建に向けた計画をまとめるのに8カ月を費やし、100人を超える投資家と会った。

 

出資するのは、即席飲料のスーパー・グループ、ソイルビルド、ゴールドベル、中国系ヤンロードの各創業者、オクスリー・ホールディングスのロー副CEO、およびビブラント・グループ、ペンギン・インターナショナルの首脳。

 

マルコ・ポーロは新株式20億株を1株0.028Sドルで出資者に発行する。この結果、リー氏の持ち株比率は62%から6%へ低下する。出資者のうち数人はリー氏の仕事上の関係者。

 

債務のうち約170億円は銀行からの借り入れで、三井住友ファイナンス&リースも融資している。最大の債権者は大華銀行(UOB)。

 

リー氏は融資の69~95%について棒引きを要請しており、残りの分は新株式と交換する。12月の臨時株主総会で再建案を株主に諮る。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP経営難のマルコ・ポーロ・マリン、著名実業家9人が救済に名乗り