シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP所得税率引き下げ、13億リンギの税収減に

経済

2017年11月6日

所得税率引き下げ、13億リンギの税収減に

【クアラルンプール】ジョハリ・アブドル第2財務相は11月2日、税に関するセミナーで、個人所得税率を来年2ポイント引き下げる結果、所得税収は13億リンギ(約350億円)減少するとの見通しを示した。しかし経済が好調なため問題は生じないという。

 

ジョハリ氏は、格付け会社や国際通貨基金(IMF)、世界銀行が来年の世界およびマレーシアの経済について、持続的成長を予想していることを指摘。「世界経済が良好であれば開放型経済のマレーシアにとっても望ましい。税収は自然に増える」と語った。

 

政府は1月1日から4本の高速道路を無料化する。その代償として、運営権益を所有するPLUSマレーシアに年間1億1,000万リンギ(約30億円)、マレーシアン・リソーシズに同7,000万リンギ(約18億8,500万円)を支払う。

 

出典:アジアインフォネット

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP所得税率引き下げ、13億リンギの税収減に