シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPフリーランサーの多くは老後の備えなし、INTI大学調査

社会

2017年11月3日

フリーランサーの多くは老後の備えなし、INTI大学調査

【クアラルンプール】 INTIインターナショナル大学は10月26日、フリーランス経済に関する調査結果を発表した。調査に応じたのは300人のフリーランサー(自由契約の労働者)で、68%は自らフリーランスの仕事を選んだと回答した。回答者の年齢は21~35歳で、就労分野は、マーケティング、情報技術(IT)、設計など。

 

退職後の備えについての計画を持たない、との回答が66%あった。調査結果を討議するパネルディスカッションで従業員積立基金(EPF)のウォン・ティーンチュアン氏は「フリーランス経済は拡大しているが、これらフリーの専門職者が退職後の備えがないのは憂慮される」と述べた。

 

長年のフリーランサーで、チリソス・メディア編集長のラオ・チャクオン氏は「安全な職が少なくなり、フリーランスで働く国民が増加している。傍目には魅力的働き方に見えるが、先行きの不透明さなど苦労もある」と語った。

 

出典:アジアインフォネット

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPフリーランサーの多くは老後の備えなし、INTI大学調査