シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP贈収賄リスクの低さ、TRACE調査でシンガポールは13位

国際

2017年10月13日

贈収賄リスクの低さ、TRACE調査でシンガポールは13位

贈収賄に関する法令順守の評価を行う米国のTRACEインターナショナルがまとめた、贈収賄のリスクに関するランキングで、シンガポールは200カ国・地域中、リスクの低さで13位にランクされた。

 

企業が賄賂を請求されるリスクを数値化したもので、最もリスクが低かったのは、スウェーデン、ニュージーランド、ノルウェー、フィンランド、英国。最も高かったのは、ソマリア、ベネズエラ、トルクメニスタン、北朝鮮、南スーダン。香港は15位、米国は16位とシンガポール同様、低リスクの国・地域との評価だった。インドは贈収賄リスクが低下した。公益サービスを受ける際の行政手続きが大幅に改善されたためだ。

 

シンガポールは「企業と政府との接触」の項目の評価点が1で、賄賂請求に遭うリスク、監督・規制上の負担が極めて低かった。反贈収賄法、法執行の項目は8点、行政の透明性のリスクは16点と、ともに低かった。報道の自由、社会開発の進展度で見た市民社会の監視能力、との項目は46点と中程度のリスクだった。

 

TRACEインターナショナルのレイジ社長は「シンガポールは、企業優遇の環境と市民社会の関与の低さが共存する珍しいケースの国」とコメントした。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP贈収賄リスクの低さ、TRACE調査でシンガポールは13位