シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP月収の中央値、6.6%増の5228リンギ=統計局

経済

2017年10月11日

月収の中央値、6.6%増の5228リンギ=統計局

〈クアラルンプール〉

統計局が10月9日発表した世帯収入に関する調査によると、2016年の月収の中央値は5,228リンギ(約13万9,000円)で、2014年に実施された前回調査に比べ6.6%増加した。2014年は4,585リンギ(約12万2,000円)だった。

 

貧困率は2014年の0.6%から0.4%に縮小した。都市部では2014年の0.3%から0.2%に、地方部では同1.6%から1.0%に縮小した。

 

「B40」と呼ばれる全体の40%を占める低所得世帯の月収の中央値は、前回調査の2,629リンギ(約7万円)から3,000リンギ(約8万円)に6.6%増えた。「M40」と呼ばれる40%を占める中所得世帯は、2014年比6.9%プラスの6,275リンギ(約16万7,000円)、「T20」と呼ばれる20%を占める高所得世帯は同6.2%増の1万3,148リンギ(約35万円)だった。

 

出典:アジアインフォネット

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP月収の中央値、6.6%増の5228リンギ=統計局