シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPシングポスト・センターの営業再開、セルフ方式の無人カウンターも

経済

2017年10月11日

シングポスト・センターの営業再開、セルフ方式の無人カウンターも

再開発されたシンガポール・ポスト(シングポスト)の総合郵便局「シングポスト・センター」の開所式が2日、所在地のパヤ・レバで行われた。シングポスト初の無人カウンターを整備した郵便局で、シングポストは無人郵便局をポンゴルやセンカンなど若い世帯が多い、比較的新しい住宅団地で展開する計画だ。

 

セルフ方式のカウンターには投入口が設けられており、利用者は自分で小包の重量を図り、キオスクのSAMマシンで代金を印字し、投入する。24時間利用が可能。

 

シングポスト・センターは5階建てで、スーパーマーケットのフェアプライス、コピティアムのフードコートなど130店が入居している。

 

シングポストは、ビル運営を委託したキャピタランドおよび電子商取引のラザダと提携し、オンラインで買い物をした客が商品を引き取る専用ラウンジも整備する。

 

フェアプライスも斬新なアイデアを試験導入する店舗とする。シングポストとの提携モバイルアプリでは、客は商品在庫を確認し、どこに商品が置いてあるかも知ることができる。フェアプライスは客の嗜好情報を収集し、客に合ったプロモーションを通知する。セルフ方式の買い物もできる。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPシングポスト・センターの営業再開、セルフ方式の無人カウンターも