シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPOCBC銀行と通信スターハブ、「ウィー・エコノミー」提携

経済

2017年10月11日

OCBC銀行と通信スターハブ、「ウィー・エコノミー」提携

OCBC銀行と通信のスターハブは2日、「ウィー・エコノミー」方式での提携で合意したと発表した。企業同士が業界を越えて相互に補完し合う、デジタル時代の新しい経済システムで、この先1年間に約5億円を投じ、ビッグデータ、人工知能、モノのインターネット(IoT)の領域の能力を開発する。顧客のニーズをより良く理解し、包括的なサービス、ソリューションを提供するのが狙い。

 

両社は運輸、小売り、保険、保健・医療、不動産などほかの業種の企業との提携も計画しており、保険会社およびシェアオフィス業者と話し合いを持っている。

 

銀行と通信事業者の本格的提携はシンガポールでおそらく初めて。両社の既存、新規の顧客、加入者は専用サイトで手続きすると、スターハブから1年間、料金の割り戻し(3%)を受けられ、代金はOCBCの口座に入金される。

 

スターハブのタン・トンハイ最高経営責任者は「顧客データを合わせ、分析することで新たな洞察が生まれ、市場創出につながる」と述べた。

 

OCBCの顧客が提携旅行会社で旅行を予約すると、スターハブのデータローミングプランへのアクセス、または提携保険会社からの旅行保険購入が容易にできる、といった連携が検討されている。

 

両社は同日、OCBCの支店内に店舗内店舗を開設した。客は両社のサービスを受けることができる。スターハブショップ内にも同様の店舗を設ける。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPOCBC銀行と通信スターハブ、「ウィー・エコノミー」提携