シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPペナン港とタイ・ソンクラ港間に鉄道、マレーシア企業が提案

国際

2017年10月3日

ペナン港とタイ・ソンクラ港間に鉄道、マレーシア企業が提案

【クアラルンプール】 貨物の海上輸送でマラッカ海峡を経由しないアイデアが新たに浮上した。ダムロン・クライクルン在マレーシア・タイ大使が9月28日、記者会見で明らかにしたところによると、ペナン港に対し権益を持つマレーシア実業界の有力者が関係する会社が、ペナン港とタイ領ソンクラ港を結ぶ鉄道をタイに提案した。

 

ソンクラ港はペナンの北方約200キロに位置し、タイランド湾内にある。海上貨物をマラッカ海峡を経由せず輸送することが可能になり、積み替えを含む輸送時間がマラッカ海峡経由の9日間から、9時間に短縮されるという。

 

以前、マレー半島で最も狭いタイ領内のクラ地峡を掘削し運河を建設する案が浮上したが、経費が掛かりすぎるため日の目を見ることはなかった。

 

今回提案の鉄道が実現すれば、マレーシアのポート・クラン、タンジョン・プルパスの両港やシンガポール港が影響を受けることは確実だ。

 

出典:マレーシアナビ!
http://www.malaysia-navi.jp/

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPペナン港とタイ・ソンクラ港間に鉄道、マレーシア企業が提案