シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP仮想通貨業者の口座、銀行が無差別に閉鎖

金融

2017年9月28日

仮想通貨業者の口座、銀行が無差別に閉鎖

銀行が仮想通貨業者の口座を無差別に封鎖する動きに出ているようだ。仮想通貨は世界的に広まっているが、当局の監視も厳しくなっている。

 

仮想通貨やブロックチェーン(分散型台帳)技術ビジネスにかかわっている企業の団体、アクセス(Access)のジアル会長によると、106の会員企業のうち少なくとも10社が口座を封鎖された。このためジアル氏は政府に解決に向けた介入を要請した。

 

シンガポール・フィンテック協会(SFA)でもメンバー数社が口座を封鎖されたという。SFAの会員は185社で、Accessに加入している企業もある。

 

口座を封鎖された仮想通貨関連企業は資金洗浄にかかわった疑いもあるが、銀行側は秘密保持を理由に、封鎖した口座が仮想通貨を扱う企業のものかの確認を拒否した。

 

デジタル財布サービスを提供するコインハコは、DBS銀行の口座を閉鎖されたため、シンガポールドル建て預金、引き出しを処理することができず、ほかの手段を探っていると明らかにした。

 

地元紙の取材にDBSは「顧客が革新的技術の業者だから、という理由で口座を閉鎖することはない」と説明した。

 

仮想通貨取引所の創設者は「われわれが銀行業務を破壊したことが口座閉鎖の理由だ」と断じた。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP仮想通貨業者の口座、銀行が無差別に閉鎖