シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPシンガポール政府投資公社(GIC)、舞浜のシェラトンホテルを共同...

金融

2017年9月25日

シンガポール政府投資公社(GIC)、舞浜のシェラトンホテルを共同で買収

外貨準備高を運用するシンガポール政府投資公社(GIC)は、日本の不動産投資信託(REIT)インヴィンシブル投資法人と合弁体を設け、シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテルを1,000億円で買収すると発表した。GICは51%を出資する。

 

シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテルは浦安市舞浜にある1,016室のホテルで、東京ディズニーリゾート・オフィシャルホテルのうち最大。

 

ディズニーランド、ディズニーシーを運営するオリエンタルランドは今年、2,950万人の入場者を見込んでいる。年間3,000万人を切るのは5年ぶり。客足の減少をとめるため同社はアトラクションの新設を計画しており、750億円の投資を行う。

 

GIC不動産投資部門、GICリアル・エステートのリー・コクスン最高投資責任者は、インヴィンシブルとの提携を通じ同ホテルの価値を引き上げ、新たな成長を図ると述べた。

 

GICは投資残高の12%を対日投資に充当している。保有・出資している資産は、港区にある高層オフィスビルの汐留シティセンター、大型ショッピングモールのテラスモール湘南、ANAインターコンチネンタルホテル東京、ANAインターコンチネンタル万座など。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPシンガポール政府投資公社(GIC)、舞浜のシェラトンホテルを共同...