シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPiPhone X発表、部品メーカーの株価への影響はわずか

経済

2017年9月14日

iPhone X発表、部品メーカーの株価への影響はわずか

〈シンガポール〉
米アップルは9月12日、新製品iPhone Xをカリフォルニア州で発表したが、シンガポールの電子部品メーカーの株価への影響はわずかだった。アップルへの納入量が限定されており、また日米などでの発売が11月と、どの程度の売れ行きになるか不透明なためだ。

 

アップルサプライヤーの上位20社に昨年入ったハイピー・インターナショナルの株価は前日比5%高の1.375Sドル、ケースを納入しているメムテック・インターナショナルは1%高の96.5セントだった。

 

精密部品製造のベンチャー・コーポレーションの株価は16.75Sドルと9.8%の上昇だった。半導体部品を間接納入していると思われるジャダソン・エンタープライジズは1%安の9.6セント。

 

マレーシア系RHBのアナリストは、「アップルは既に必要な部品を調達している。メーカーへの発注は7月から増えており、最も影響が感じられる時期は過ぎた」とコメントした。

 

アップルテンの価格帯は11万円台と、スマートフォンとしては高め。高価格路線が受け入れられるかは不透明だが、フィリップ証券のアナリストは、アイフォーン6からの買い替え需要が見込めるとしている。モルガン・スタンレーも買い替え需要が鍵とみている。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPiPhone X発表、部品メーカーの株価への影響はわずか