シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPシンガポール外務省、北朝鮮への不要不急の旅行自粛を要請

政治

2017年9月7日

シンガポール外務省、北朝鮮への不要不急の旅行自粛を要請

〈シンガポール〉
シンガポール外務省は9月6日、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)への不要不急の旅行を控えるよう国民に呼び掛けた。最近の情勢から、予期せざる事態が起こる恐れがあるためだ。シンガポールは北朝鮮に大使館、領事館を置いていないため、不測の事態が起こった場合、旅行者への支援が限られるという。

 

外務省は、北朝鮮が6回目の核実験を行ったことを受け、渡航自粛要請を出した。北朝鮮は、水爆実験に成功したと発表している。

 

北朝鮮ツアーを提供している旅行会社は複数あり、渡航自粛要請を冷静に受け止めている。ユニバーサル・トラベルは6月以降、北朝鮮ツアーの広告をやめた。ツアーが実施されるのは4~6月の春季と9~10月の秋季シーズンで、料金は9日間のツアーで2,400Sドル(約19万円)。

 

北朝鮮を代表する国営旅行会社は朝鮮国際旅行社で、ユニバーサル・ツアーのクー代表によると、これまでは同旅行社に安全を確認してきたが、今回は独自の判断で広告取りやめを決めたという。

 

1994年以降、ユニバーサルが提供した北朝鮮ツアーの利用客は数千人。最近、最も多かったのは2012年で1,000人。今年はこれまでのところ100人弱と少ない。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPシンガポール外務省、北朝鮮への不要不急の旅行自粛を要請